さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
はるばると       相輪の         人へ置く        拭きながら       
一日中         紫に          二十年         寄せ置ける       
昨日のことの      もの音を        前歯などの       充電せる        
みな同じ        中座して        屋上に         自画像も        
選ばれて        よろこびは       サボテンの       迷ひたる        
 
 
 

02821
はるばると 来しわれのため 幾たびも 言ひて曇れる 入江を見しむ
ハルバルト キシワレノタメ イクタビモ イヒテクモレル イリエヲミシム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.21
【初出】 『形成』 1975.2 「無題」 (1)


02822
相輪の あたり煙ると 思ふまで 次第につのり 塔に降る雨
ソウリンノ アタリケムルト オモフマデ シダイニツノリ トウニフルアメ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.21
【初出】 『形成』 1975.2 「無題」 (2)


02823
人へ置く 距離曖昧に 歩みつつ いたく小さし わが洋傘は
ヒトヘオク キヨリアイマイニ アユミツツ イタクチイサシ ワガカウモリハ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.22
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (8)


02824
拭きながら ガラスの皿も 見失ふ 思はぬ酔ひの 身に残りゐて
フキナガラ ガラスノサラモ ミウシナフ オモハヌヨヒノ ミニノコリヰテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.22
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (9)


02825
一日中 真夜中のやうな 地下の書庫 何のはずみに ここに働く
イチニチジュウ マヨナカノヤウナ チカノショコ ナンノハズミニ ココニハタラク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.22
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (10)


02826
紫に 染みて靄だつ 街のさま 当然ひとりの 夜がまた来る
ムラサキニ ソミテモヤダツ マチノサマ トウゼンヒトリノ ヨルガマタクル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.23
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (11)


02827
二十年 先のことなど 言はれゐて われにはさびし 明日のことさへ
ニジュウネン サキノコトナド イハレヰテ ワレニハサビシ アスノコトサヘ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.23
【初出】 『形成』 1975.2 「無題」 (7)


02828
寄せ置ける 落ち葉を鳴らす 夕の雨 俄かに秋の 深む思ひす
ヨセオケル オチバヲナラス ユフノアメ ニワカニアキノ フカムオモヒス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.23
【初出】 『形成』 1975.2 「無題」 (5)


02829
昨日のことの やうに思へど 白萩の 倒れてゐしは いづこの道か
キノウノコトノ ヤウニオモヘド シラハギノ タオレテヰシハ イヅコノミチカ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.24
【初出】 『形成』 1975.2 「無題」 (6)


02830
もの音を 立つることなき わが生活 隣の庭は 木を整ふる
モノオトヲ タツルコトナキ ワガクラシ トナリノニワハ キヲトトノフル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.24
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (6)


02831
前歯などの 欠けゆくやうに 一つ一つ 錆びて落ちつぐ 金魚草の花
マエバナドノ カケユクヤウニ ヒトツヒトツ サビテオチツグ ドラゴンノハナ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.24
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (5)


02832
充電せる 馬などのゐる けはいして まつすぐ歩み ゆくほかあらず
ジュウデンセル ウマナドノヰル ケハイシテ マツスグアユミ ユクホカアラズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.25
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (3)


02833
みな同じ 本のかたちと 思ひゐて まどろめるらし 手の冷ゆるまで
ミナオナジ ホンノカタチト オモヒヰテ マドロメルラシ テノヒユルマデ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.25
【初出】 『短歌』 1975.4 ガラスの皿 (7)


02834
中座して 帰りゆく人も さびしからむ 送りに出でて 霧の夜と知る
チュウザシテ カエリユクヒトモ サビシカラム オクリニイデテ キリノヨトシル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.25
【初出】 『埼玉歌人』 1975.7 帰る人 (1)


02835
屋上に 濡れゐむベンチ 思ひつつ 仰ぎてゆくり なく虹に会ふ
オクジョウニ ヌレヰムベンチ オモヒツツ アオギテユクリ ナクニジニアフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.26
【初出】 『埼玉歌人』 1975.7 帰る人 (2)


02836
自画像も 未完のままに 遺されて モナ・リザにいたく 似る人なりし
ジガゾウモ ミカンノママニ ノコサレテ モナリザニイタク ニルヒトナリシ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.26
【初出】 『VAN』 1977 桜花号 (2)


02837
選ばれて 折れたる枝と 思ふまで 路上に落ちて 雪煙り挙ぐ
エラバレテ オレタルエダト オモフマデ ロジョウニオチテ ユキケムリアグ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.26
【初出】 『VAN』 1977 桜花号 (1)


02838
よろこびは かくかそかにて 水を打ち よみがへりくる パセリの緑
ヨロコビハ カクカソカニテ ミズヲウチ ヨミガヘリクル パセリノミドリ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.27
【初出】 『VAN』 1977 桜花号 (4)


02839
サボテンの 鉢を溢れて やみがたく こぼるるものの 砂のみならず
サボテンノ ハチヲアフレテ ヤミガタク コボルルモノノ スナノミナラズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.27
【初出】 『VAN』 1977 桜花号 (3)


02840
迷ひたる のみに終れど 幾日経て 痩せしと思ふ 指輪抜くとき
マヨヒタル ノミニオワレド イクヒヘテ ヤセシトオモフ ユビワヌクトキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.27
【初出】 『形成』 1975.2 「無題」 (4)