さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
いつのまに       たわいなき       霜の夜の        すきまなく       
背の色を        枯れ原も        アルプスも       虎杖の         
 
 
 

02682
いつのまに 隔たりて亡き 人のため 灯籠に火を 入るる夜は来ぬ
イツノマニ ヘタダリテナキ ヒトノタメ トウロウニヒヲ イルルヨハキヌ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.194
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (42)


02683
たわいなき 年端に四年 住みたりき をりをり出づる 大和の訛り
タワイナキ トシハニヨネン スミタリキ ヲリヲリイヅル ヤマトノナマリ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.194
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (43)


02684
霜の夜の 冴えにはろけく 塔の空 あえかに雪の 舞ひてをらずや
シモノヨノ サエニハロケク トウノソラ アエカニユキノ マヒテヲラズヤ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.195
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (44)


02685
すきまなく 覆へる雲を 映しゐる 沼と思ふに ふくらみやまぬ
スキマナク オホヘルクモヲ ウツシヰル ヌマトオモフニ フクラミヤマヌ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.195
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (45)


02686
背の色を 白くたぎらせ 水面に 鯉の集ふは 如何なる刻か
セノイロヲ シロクタギラセ スイメンニ コイノツドフハ イカナルトキカ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.195
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (46)


02687
枯れ原も 凪ぎわたりつつ 子どもらは パンダのやうに まろびて遊ぶ
カレハラモ ナギワタリツツ コドモラハ パンダノヤウニ マロビテアソブ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.196
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (47)


02688
アルプスも 春近しとぞ 雪の上に 羽毛散らして 鳥の戦ふ
アルプスモ ハルチカシトゾ ユキノウエニ ウモウチラシテ トリノタタカフ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.196
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (48)


02689
虎杖の はつかに萌えて ゐたりしか 籠り居に恋ふ そのくれなゐを
イタドリノ ハツカニモエテ ヰタリシカ コモリイニコフ ソノクレナヰヲ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.196
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (50)