さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
迫りたる        降りやまぬ       輪郭の         助からぬ        
意味のある       信号に         卵生まぬ        すぐ本の        
右の手の        どのやうに       幾夜さか        欲深に         
残りたる        
 
 
 

02669
迫りたる 仕事怠り 編みてゐる いつの日旅に 持たむストール
セマリタル シゴトオコタリ アミテヰル イツノヒタビニ モタムストール

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.189
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (27)


02670
降りやまぬ まま雪となる けはひして 南の庭の 笹の葉が鳴る
フリヤマヌ ママユキトナル ケハヒシテ ミナミノニワノ ササノハガナル

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.190
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (28)


02671
輪郭の うすれてそのまま 消えゆける 夢なりしかば 会ひたしすぐに
リンカクノ ウスレテソノママ キエユケル ユメナリシカバ アヒタシスグニ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.190
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (29)


02672
助からぬ いのちと決めて 病みゐたる 一年前と 同じ雪降る
タスカラヌ イノチトキメテ ヤミヰタル イチネンマエト オナジユキフル

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.190
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (30)


02673
意味のある 一歩一歩と 思はずに 急ぐ日多し 今朝は雪みち
イミノアル イッポイッポト オモハズニ イソグヒオオシ ケサハユキミチ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.191
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (31)


02674
信号に とまれるバスの 窓に見え 小鳥屋の店は いまだ開かぬ
シンゴウニ トマレルバスノ マドニミエ コトリヤノミセハ イマダヒラカヌ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.191
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (32)


02675
卵生まぬ 鶏をながく 飼ひたりき 雪は呼びくる 古りし会話を
タマゴウマヌ ニワトリヲナガク カヒタリキ ユキハヨビクル フリシカイワヲ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.191
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (33)


02676
すぐ本の 見つかりなどして 誰にかに 守られてゐると 思ふしばしば
スグホンノ ミツカリナドシテ タレニカニ マモラレテヰルト オモフシバシバ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.192
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (34)


02677
右の手の このまましびれて しまふとも 左手に得よ 必ず何か
ミギノテノ コノママシビレテ シマフトモ ヒダリテニエヨ カナラズナニカ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.192
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (35)


02678
どのやうに 思ひ狭めて 生くるとも ただ骨となる 人間ひとり
ドノヤウニ オモヒセバメテ イクルトモ タダホネトナル ニンゲンヒトリ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.192
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (37)


02679
幾夜さか 同じ夢見て みづからの 本音といふを 知るはせつなき
イクヨサカ オナジユメミテ ミヅカラノ ホンネトイフヲ シルハセツナキ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.193
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (38)


02680
欲深に 生まれかはりなど せむよりは 今のままなる さびしさもよし
ヨクフカニ ウマレカハリナド セムヨリハ イマノママナル サビシサモヨシ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.193
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (39)


02681
残りたる 根じめの黄菊も 咲き切りて 夜ごとに重き 花びらの量
ノコリタル ネジメノキギクモ サキキリテ ヨゴトニオモキ ハナビラノカサ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.193
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (40)