さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
水の音に        紅葉に         ほのしろき       家を置き        
冬長く         穂のすすき       濡れてゆく       避けがたき       
とめどなき       何を得て        手を借りて       片翳る         
地図などに       
 
 
 

02656
水の音に 取り巻かれつつ 目の前の 闇を引き裂く ひとすぢの滝
ミズノオトニ トリマカレツツ メノマエノ ヤミヲヒキサク ヒトスヂノタキ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.185
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (14)


02657
紅葉に 明るむ木の間 歩みゐて 皮膚のほとぼる ごとき思ひす
コウエフニ アカルムコノマ アユミヰテ ヒフノホトボル ゴトキオモヒス

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.185
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (15)


02658
ほのしろき 煙這はせて 乾きたる ダムの底ひは 何をか燃やす
ホノシロキ ケムリハハセテ カワキタル ダムノソコヒハ ナニヲカモヤス

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.185
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (16)


02659
家を置き 田畑を沈め 人は移り 水減りに浮く 森の木の梢
イエヲオキ タハタヲシズメ ヒトハウツリ ミズベリニウク モリノキノウレ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.186
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (17)


02660
冬長く 雪にうもるる 里といふ 九月なかばの もみぢ見て過ぐ
フユナガク ユキニウモルル サトトイフ クガツナカバノ モミヂミテスグ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.186
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (18)


02661
穂のすすき さやぐと見たる ときのまに バックミラーを とざしゆく霧
ホノススキ サヤグトミタル トキノマニ バックミラーヲ トザシユクキリ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.186
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (19)


02662
濡れてゆく フロントグラス 松の木も 山のホテルも 見る見る歪む
ヌレテユク フロントグラス マツノキモ ヤマノホテルモ ミルミルヒヅム

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.187
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (20)


02663
避けがたき わざはひならむ 眼下の 樹海覆ひて 降り暗む雨
サケガタキ ワザハヒナラム マナシタノ ジュカイオオヒテ フリクラムアメ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.187
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (21)


02664
とめどなき 口説ならずや ワイパーに 拭き消されつつ 垂るるしづくは
トメドナキ クセツナラズヤ ワイパーニ フキケサレツツ タルルシヅクハ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.187
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (22)


02665
何を得て 何を失ふ 旅ならむ ともなへる人も 言葉少なし
ナニヲエテ ナニヲウシナフ タビナラム トモナヘルヒトモ コトバスクナシ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.188
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (23)


02666
手を借りて 見返るダムは 胴体の しびるるばかり 光るさざなみ
テヲカリテ ミカエルダムハ ドウタイノ シビルルバカリ ヒカルサザナミ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.188
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (24)


02667
片翳る 夕のみづうみ 垂直に 空へ吸はれて ゆく波の音
カタカゲル ユフノミヅウミ スイチョクニ ソラヘスハレテ ユクナミノオト

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.188
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (25)


02668
地図などに 無き道を奪はれ ゆきたきに 道標は指す わが住む町を
チズナドニ ナキミチヲウバハレ ユキタキニ ミチシルベハサス ワガスムマチヲ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.189
【初出】 『短歌研究』 1974.4 あえかに雪の (26)