さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
むらさきに       台詞より        切り分けし       行き交ひの       
使ひたる        ばらばらの       手に乗せて       門灯を         
石像の         雪の日の        
 
 
 

02633
むらさきに 芽ぐむ木立は 何の木か われはまだ持つ 冬のてのひら
ムラサキニ メグムコダチハ ナンノキカ ワレハマダモツ フユノテノヒラ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.176
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (1)


02634
台詞より やや遅れつつ 人形の 手はうごきたり 泣かむとぞして
セリフヨリ ヤヤオクレツツ ギニヨールノ テハウゴキタリ ナカムトゾシテ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.176
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (2)


02635
切り分けし メロンの舳先 鋭くて この上に何を われは失ふ
キリワケシ メロンノヘサキ スルドクテ コノウエニナニヲ ワレハウシナフ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.177
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (3)


02636
行き交ひの 静かなる日と 気づきたり ミシンのあとを 片付けてゐて
ユキカヒノ シズカナルヒト キヅキタリ ミシンノアトヲ カタヅケテヰテ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.177
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (4)


02637
使ひたる 握り鋏の かたちなど つむれば見えて 朱のなかの黒
ツカヒタル ニギリバサミノ カタチナド ツムレバミエテ シュノナカノクロ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.177
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (5)


02638
ばらばらの 繊維となるまで 髪を梳き ひとりゐがたき 夜を如何にする
バラバラノ センイトナルマデ カミヲスキ ヒトリヰガタキ ヨヲイカニスル

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.178
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (6)


02639
手に乗せて さまざまに形を 変へて見て また仕舞ふ粘土か 何かのやうに
テニノセテ サマザマニカタチヲ カヘテミテ マタシマフネンドカ ナニカノヤウニ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.178
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (7)


02640
門灯を 消し忘れゐて 夜の更けに 人を待つ身の ごときひそけさ
モントウヲ ケシワスレヰテ ヨノフケニ ヒトヲマツミノ ゴトキヒソケサ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.178
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (8)


02641
石像の 一つにうすく 彫られゐし クルスか重し この夜の胸に
セキゾウノ ヒトツニウスク ホラレヰシ クルスカオモシ コノヨノムネニ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.179
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (9)


02642
雪の日の 沼のやうなる さびしさと 思ひてゐしが いつしか眠る
ユキノヒノ ヌマノヤウナル サビシサト オモヒテヰシガ イツシカネムル

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.179
【初出】 『短歌研究』 1974.3 冬のてのひら (10)