さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
地球儀の        若き日に        今欲しき        われの手に       
広間には        身を引きて       うす雲の        目に見えて       
銃口の         雪の降る        
 
 
 

02618
地球儀の バシー海峡 濃き青に 光りゐてあはれ 誰も還らぬ
チキュウギノ バシーカイキョウ コキアオニ テリヰテアハレ タレモカエラヌ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.170
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (1)


02619
若き日に 住めるかの町 夢にさへ 鉱滓は夜空に 輝きやまず
ワカキヒニ スメルカノマチ ユメニサヘ ノロハヨゾラニ カガヤキヤマズ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.170
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (2)


02620
今欲しき もの何ならむ 一粒の ムーンストン手の 上に乗せつつ
イマホシキ モノナニナラム ヒトツブノ ムーンストンテノ ウエニノセツツ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.171
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (3)


02621
われの手に 抱かむとせる 不意をつき 人形は目と 下顎うごく
ワレノテニ イダカムトセル フイヲツキ アヤツリハメト シタアゴウゴク

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.171
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (4)


02622
広間には 人の声満ち シャンデリアの 重さばかりを われの思へる
ヒロマニハ ヒトノコエミチ シャンデリアノ オモサバカリヲ ワレノオモヘル

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.171
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (5)


02623
身を引きて 得し空間に 光りつつ 針のやうなる 雨かと思ふ
ミヲヒキテ エシクウカンニ ヒカリツツ ハリノヤウナル アメカトオモフ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.172
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (7)


02624
うす雲の 空に風ある 日と思ひ 電送受像機の そばに働く
ウスグモノ ソラニカゼアル ヒトオモヒ テレフアツクスノ ソバニハタラク

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.172
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (13)


02625
目に見えて 人のこころの 動く日か 原紙一枚 切らむとゐるに
メニミエテ ヒトノココロノ ウゴクヒカ ゲンシイチマイ キラムトヰルニ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.172
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (15)


02626
銃口の いづこと知れず 真つ白の あひるを死なしむ アニメーションは
ジュウコウノ イヅコトシレズ マツシロノ アヒルヲシナシム アニメーションハ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.173
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (12)


02627
雪の降る 駅や港の 夢ばかり 薬にたより 眠る夜毎は
ユキノフル エキヤミナトノ ユメバカリ クスリニタヨリ ネムルヨゴトハ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.173
【初出】 『現代短歌』 1974.7 たれも還らぬ (19)