さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
栗の花の        黄の花の        風邪のあとの      白樺に         
散りしける       いとけなく       白桃の         断ち切られ       
秋海棠を        売られゐる       
 
 
 

02576
栗の花の 匂へば雨に なるといふ 雨の日曜は さびしきものを
クリノハナノ ニオヘバアメニ ナルトイフ アメノニチヨウハ サビシキモノヲ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.154
【初出】 『形成』 1973.8 「無題」 (1)


02577
黄の花の 終らむとして とりとめも あらず乱るる 薔薇の垣根は
キノハナノ オワラムトシテ トリトメモ アラズミダルル バラノカキネハ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.154
【初出】 『形成』 1973.8 「無題」 (7)


02578
風邪のあとの 幾日たゆく 勤めゐて 本の倒るる 音にも脅ゆ
カゼノアトノ イクニチタユク ツトメヰテ ホンノタオルル オトニモオビユ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.155
【初出】 『形成』 1973.12 「無題」 (4)


02579
白樺に 似る林とぞ 少女らの 調べ当てし木の名 「ナンキンハゼノキ」
シラカバニ ニルハヤシトゾ オトメラノ シラベアテシキノナ ナンキンハゼノキ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.155
【初出】 『形成』 1973.12 「無題」 (5)


02580
散りしける 売子木の花みな よごれゐて おもたし傘も 左手の荷も
チリシケル エゴノハナミナ ヨゴレヰテ オモタシカサモ ヒダリテノニモ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.155
【初出】 『形成』 1973.8 「無題」 (4)


02581
いとけなく 伴はれ来し その児とも 睦みつつ剥く したたる桃を
イトケナク トモナハレキシ ソノコトモ ムツミツツムク シタタルモモヲ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.156
【初出】 『形成』 1973.12 「無題」 (1)


02582
白桃の 季節去年より しづかなる われかと思ふ 水に浮けつつ
ハクトウノ キセツコゾヨリ シヅカナル ワレカトオモフ ミズニウケツツ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.156
【初出】 『形成』 1973.12 「無題」 (2)


02583
断ち切られ またつながれて すべ知らぬ 思ひに今朝は 彼岸会にゆく
タチキラレ マタツナガレテ スベシラヌ オモヒニケサハ ヒガンエニユク

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.156
【初出】 『形成』 1973.8 「無題」 (5)


02584
秋海棠を 好みゐしうから みな在らず 土やはらかし 墓への道は
シュウカイドウヲ コノミヰシウカラ ミナアラズ ツチヤハラカシ ハカヘノミチハ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.157
【初出】 『形成』 1973.12 「無題」 (6)


02585
売られゐる 秋の野菜の 美しさ 厨のことに うとく過ぎつつ
ウラレヰル アキノヤサイノ ウツクシサ クリヤノコトニ ウトクスギツツ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.157
【初出】 『形成』 1973.12 「無題」 (7)