さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

雲の地図

 
うすらかに       花過ぎて        始まりも        結び目は        
時計塔の        
 
 
 

02327
うすらかに 鰭をまとはむ 満たしたる 真水のやうな 朝が来てゐる
ウスラカニ ヒレヲマトハム ミタシタル マミヅノヤウナ アサガキテヰル

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.67


02328
花過ぎて リラの若葉の 翳る窓 魚らは水に 倦む日の無きか
ハナスギテ リラノワカバノ カゲルマド ウヲラハミズニ ウムヒノナキカ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.67


02329
始まりも 終りも知らず 生きゐると 小さく署名 なすとき思ふ
ハジマリモ オワリモシラズ イキヰルト チイサクショメイ ナストキオモフ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.68


02330
結び目は みな解きはなせ 降るやうに 楓の花の 散り敷く日なり
ムスビメハ ミナトキハナセ フルヤウニ カエデノハナノ チリシクヒナリ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.68


02331
時計塔の あたりにいまだ 日の残り 人はゆきかふ 地上の闇を
トケイトウノ アタリニイマダ ヒノノコリ ヒトハユキカフ チジョウノヤミヲ

『雲の地図』(短歌新聞社 1975) p.68