さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

花溢れゐき

 
花売りの        破るための       胸ふかく        海上の         
数知れぬ        何事も         ところどころ      報復は         
ふり向きし       音立てて        象形文字の       葉牡丹の        
カーテンの       埋めたての       卓灯の         機械音         
陸橋の         濡れそぼち       あけがたの       夜もすがら       
 
 
 

02146
花売りの 昇りたるあと 石階の 垂直の面 寒き影なす
ハナウリノ ノボリタルアト セキカイノ スイチョクノメン サムキカゲナス

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.225
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (1)


02147
破るための 戒律といへり 雲の下に おびただしき 蜆蝶湧きてをり
ヤブルタメノ カイリツトイヘリ クモノシタニ オビタダシキ シジミチョウワキテヲリ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.225
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (2)


02148
胸ふかく 刃をひそめ ゐむわれか をりかさなりて 冬の波寄す
ムネフカク ヤイバヲヒソメ ヰムワレカ ヲリカサナリテ フユノナミヨス

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.226
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (3)


02149
海上の クレーンが吊りて 揚げしもの 藻をまとひゐて 水したたらす
カイジョウノ クレーンガツリテ アゲシモノ モヲマトヒヰテ ミズシタタラス

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.226
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (4)


02150
数知れぬ 抛物線を 夜の空に ゑがきて海の いづこへ届く
カズシレヌ ホウブツセンヲ ヨノソラニ ヱガキテウミノ イヅコヘトドク

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.226
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (5)


02151
何事も なかりし如く たひらかに 潮曇りして 今朝の海原
ナニゴトモ ナカリシゴトク タヒラカニ シオグモリシテ ケサノウナバラ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.227
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (6)


02152
ところどころ 雨に光りて 野をよぎり かすかに勾配 なすレール見ゆ
トコロドコロ アメニヒカリテ ノヲヨギリ カスカニコウバイ ナスレールミユ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.227
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (8)


02153
報復は 神がし給ふと 決めをれど 日に幾たびも 手をわが洗ふ
ホウフクハ カミガシタマフト キメヲレド ヒニイクタビモ テヲワガアラフ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.227
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (7)


02154
ふり向きし とき見据ゑられ ゆくりなく 土蜘蛛といへる 面に会ひたり
フリムキシ トキミスヱラレ ユクリナク ツチグモトイヘル ツラニアヒタリ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.228
【初出】 『形成』 1971.1 「無題」 (3)


02155
音立てて 春の落ち葉ら 吹かれゆき 突つ立つ棒の ごときかわれは
オトタテテ ハルノオチバラ フカレユキ ツツタツボウノ ゴトキカワレハ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.228


02156
象形文字の 鳥といふ字を 見てゐしが 人を思はぬ しづけさにゐよ
ショウケイモジノ トリトイフジヲ ミテヰシガ ヒトヲオモハヌ シヅケサニヰヨ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.228


02157
葉牡丹の 芯深く陽の 届く見つ 耳栓されゐて もろき時間に
ハボタンノ シンフカクヒノ トドクミツ ミミセンサレヰテ モロキジカンニ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.229
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (10)


02158
カーテンの 白を怖るる 心理など 告げられてゐて 他人事ならず
カーテンノ シロヲオソルル シンリナド ツゲラレテヰテ ヒトゴトナラズ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.229
【初出】 『形成』 1971.2 「無題」 (3)


02159
埋めたての 野に向ける窓 すべもなく 一日瓦礫を 雨に打たしむ
ウメタテノ ノニムケルマド スベモナク ヒトヒガレキヲ アメニウタシム

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.229
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (11)


02160
卓灯の 位置をずらして 坐りたり どのあたりまで 些事とわがなす
タクトウノ イチヲズラシテ スワリタリ ドノアタリマデ サジトワガナス

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.230
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (13)


02161
機械音 くぐもる地下の 書庫にゐて 人の声より われは乱れず
キカイオン クグモルチカノ ショコニヰテ ヒトノコエヨリ ワレハミダレズ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.230
【初出】 『形成』 1970.6 「無題」 (1)


02162
陸橋の 下の路面の 白く照り 渡る時刻の 遅きに気づく
リッキョウノ シタノロメンノ シロクテリ ワタルジコクノ オソキニキヅク

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.230


02163
濡れそぼち 横たはる石の かたはらの 立てる石には 木洩れ陽が差す
ヌレソボチ ヨコタハルイシノ カタハラノ タテルイシニハ コモレビガサス

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.231
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (12)


02164
あけがたの 眠りに浮きて 紙雛の ごとくに裾の 捩ぢれつつ飛ぶ
アケガタノ ネムリニウキテ カミビナノ ゴトクニスソノ ヨヂレツツトブ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.231
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (14)


02165
夜もすがら われに来てゐて 雪の上に 跡も残さず 去りし何もの
ヨモスガラ ワレニキテヰテ ユキノウエニ アトモノコサズ サリシナニモノ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.231
【初出】 『短歌研究』 1971.3 幾たびも手を (15)