さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

花溢れゐき

 
影のやうな       待つこころ       知り得たる       打たむとし       
われの手に       帰らむと        やみがたく       ジャケットの      
 
 
 

02138
影のやうな こだまのやうな われとなり 散らばりやすし 噴水の穂は
カゲノヤウナ コダマノヤウナ ワレトナリ チラバリヤスシ フンスイノホハ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.222
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (1)


02139
待つこころ ふと遠のきて 籐椅子に 置ける団扇の かたちがやさし
マツココロ フトトオノキテ トウイスニ オケルウチワノ カタチガヤサシ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.222
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (2)


02140
知り得たる ことのわが身に 傷なすを 芝生にそそぐ しろがねの雨
シリエタル コトノワガミニ キズナスヲ シバフニソソグ シロガネノアメ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.223
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (3)


02141
打たむとし 大き平手を 人は挙ぐ すばやくわれの 去りし画面に
ウタムトシ オオキヒラテヲ ヒトハアグ スバヤクワレノ サリシガメンニ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.223
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (4)


02142
われの手に 葬りし人の 数知れず 海芋の白は 喪の花のいろ
ワレノテニ ホウムリシヒトノ カズシレズ カイウノシロハ モノハナノイロ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.223
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (5)


02143
帰らむと いふをふたたび 坐らしむ 容易にやまぬ 雨と知りつつ
カエラムト イフヲフタタビ スワラシム ヨウイニヤマヌ アメトシリツツ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.224
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (6)


02144
やみがたく くだりゆきては 灯をともし モルグのごとき 地下室の書庫
ヤミガタク クダリユキテハ ヒヲトモシ モルグノゴトキ チカシツノショコ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.224
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (7)


02145
ジャケットの ダミアの顔と 気づくまで 目をこらしゐて 闇の深さよ
ジャケットノ ダミアノカオト キヅクマデ メヲコラシヰテ ヤミノフカサヨ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.224
【初出】 『短歌公論』 1970.9.25 しろがねの雨 (8)