さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

花溢れゐき

 
たひらかな       ゆくりなく       病院へ         前をゆく        
間をおきて       身を防ぐ        風呂敷に        使ひ方を        
わが持たぬ       どんな火も       笑ひ声の        去年の蝶        
失ふに         身をよぎる       いくたびも       ひとり身を       
木犀の         樫の木に        逃げ切れむ       失ひし         
 
 
 

01860
たひらかな 一日を賜へ われのゆく ビル見えたれか 窓をあけゐる
タヒラカナ ヒトヒヲタマヘ ワレノユク ビルミエタレカ マドヲアケヰル

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.124
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (12)


01861
ゆくりなく 日の差してをり 君子蘭の 花失ひて 久しき鉢に
ユクリナク ヒノサシテヲリ クリビアノ ハナウシナヒテ ヒサシキハチニ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.124
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (14)


01862
病院へ 行く時間来て 幾つもの 電話鳴りつぐ 部屋よりのがる
ビョウインヘ ユクジカンキテ イクツモノ デンワナリツグ ヘヤヨリノガル

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.125
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (16)


01863
前をゆく 車より洩れ わが背筋を むしばむやうな 裏声の唄
マエヲユク クルマヨリモレ ワガセスジヲ ムシバムヤウナ ウラゴエノウタ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.125
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (23)


01864
間をおきて ときめき光り 稲妻の 音なく遠く 移ろひゆけり
マヲオキテ トキメキヒカリ イナヅマノ オトナクトオク ウツロヒユケリ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.125
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (25)


01865
身を防ぐ 偽りのみは 許されよ ゆきかひしげき 午後となりつつ
ミヲフセグ イツワリノミハ ユルサレヨ ユキカヒシゲキ ゴゴトナリツツ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.126
【初出】 『短歌新聞』 1969.8 サブリナの靴 (13)


01866
風呂敷に 氷塊包み 買へる見つ 母などの病む 少女ならむか
フロシキニ ヒョウカイツツミ カヘルミツ ハハナドノヤム オトメナラムカ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.126
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (46)


01867
使ひ方を 知らぬ秤の 棚にあり 何にこだはり 朝より思ふ
ツカヒカタヲ シラヌハカリノ タナニアリ ナンニコダハリ アサヨリオモフ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.126
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (28)


01868
わが持たぬ 技能の一つ 区切りつつ 点字読みゐる 隣室のこゑ
ワガモタヌ ギノウノヒトツ クギリツツ テンジヨミヰル リンシツノコヱ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.127
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (27)


01869
どんな火も 消されてしまふと 棕櫚を打つ 雨聞きながら 暫らくはゐつ
ドンナヒモ ケサレテシマフト シュロヲウツ アメキキナガラ シバラクハヰツ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.127
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (31)


01870
笑ひ声の 高きことなど 母に似る われと思ひて 人と並みゆく
ワラヒゴエノ タカキコトナド ハハニニル ワレトオモヒテ ヒトトナミユク

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.127
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (144)


01871
去年の蝶 今年の蝶と 分きがたく サングラスのなかに いつまでも舞ふ
コゾノチョウ コトシノチョウト ワキガタク サングラスノナカニ イツマデモマフ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.128
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (137)


01872
失ふに 惜しく残れる 何あらむ すり抜けて行く 夜の人ごみを
ウシナフニ オシクノコレル ナニアラム スリヌケテユク ヨノヒトゴミヲ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.128
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (147)


01873
身をよぎる よろこびも今は かすかにて 綿雲の浮く 空思ひゐつ
ミヲヨギル ヨロコビモイマハ カスカニテ ワタグモノウク ソラオモヒヰツ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.128
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (147)


01874
いくたびも 沈みては浮く 夢のなか 沈みきりたく なりて沈みき
イクタビモ シズミテハウク ユメノナカ シズミキリタク ナリテシズミキ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.129
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (120)


01875
ひとり身を 照らし出されぬ ヘッドライトの 穂先が棒の 如く伸び来て
ヒトリミヲ テラシダサレヌ ヘッドライトノ ホサキガボウノ ゴトクノビキテ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.129
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (94)


01876
木犀の 根づきしさまを 見届けて 安らぎのふと 失意に似たる
モクセイノ ネヅキシサマヲ ミトドケテ ヤスラギノフト シツイニニタル

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.129
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (52)


01877
樫の木に 触れて別れし 日を遠く 逝けることさへ 知らず過ぎにき
カシノキニ フレテワカレシ ヒヲトオク ユケルコトサヘ シラズスギニキ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.130
【初出】 『短歌研究』 1969.3 ひなげしの種 (16)


01878
逃げ切れむ われと思はず 逃げてゆく 心のさまも まざと夢見つ
ニゲキレム ワレトオモハズ ニゲテユク ココロノサマモ マザトユメミツ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.130
【初出】 『短歌研究』 1967.3 石の船 (36)


01879
失ひし 視力の不意に 戻り来て 織女の星など 見ゆる夜無きか
ウシナヒシ シリョクノフイニ モドリキテ ベガノホシナド ミユルヨナキカ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.130
【初出】 『現代短歌』 1969.11 カリフの言葉 (13)