さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

花溢れゐき

 
夜々来鳴く       竹垣の         編み棒の        音楽を         
白鳥座         身を低め        雨あとの        三面鏡を        
一輪車         盲目に         夕焼けの        事務服を        
閉館の         スペードの       きららかに       時刻表の        
灰いろの        
 
 
 

01843
夜々来鳴く 水鶏と知りて 用水に 近き住まひも 一年を経ぬ
ヨヨキナク クヒナトシリテ ヨウスイニ チカキスマヒモ ヒトトセヲヘヌ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.118
【初出】 『短歌』 1969.8 雲多き日々 (23)


01844
竹垣の 内外となく 向き向きに 土に散らばる 椿の花は
タケガキノ ウチソトトナク ムキムキニ ツチニチラバル ツバキノハナハ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.118
【初出】 『短歌』 1969.8 雲多き日々 (10)


01845
編み棒の 先もて髪を かきあげし 指のかたちが 窓に映れり
アミボウノ サキモテカミヲ カキアゲシ ユビノカタチガ マドニウツレリ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.119
【初出】 『短歌研究』 1968.5 いづこも遠し (24)


01846
音楽を 好む少年も 戻りしか 年の夜にチターを かき鳴らす音
オンガクヲ コノムショウネンモ モドリシカ トシノヨニチターヲ カキナラスオト

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.119
【初出】 『形成』 1969.2 「無題」 (7)


01847
白鳥座 共に探しし 遠き日よ 母はすでに盲ひて ゐしにあらずや
ハクチョウザ トモニサガシシ トオキヒヨ ハハハスデニメシヒテ ヰシニアラズヤ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.119
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (37)


01848
身を低め しのぎ得しこと みづからの 力となして むつきついたち
ミヲヒクメ シノギエシコト ミヅカラノ チカラトナシテ ムツキツイタチ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.120
【初出】 『形成』 1969.3 「無題」 (1)


01849
雨あとの 光のなかに 湧き出でて 石蕗はけうとき 香を漂はす
アメアトノ ヒカリノナカニ ワキイデテ ツハハケウトキ カヲタダヨハス

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.120
【初出】 『形成』 1967.1 「無題」 (4)


01850
三面鏡を たたみて出づる 朝々の 怒りはつねに みづからに向く
サンメンキョウヲ タタミテイヅル アサアサノ イカリハツネニ ミヅカラニムク

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.120
【初出】 『現代』 1969.11 青のストール (86)


01851
一輪車 泳がせて人の 通ふ道 竹馬などは 見られずなりぬ
イチリンシャ オヨガセテヒトノ カヨフミチ タケウマナドハ ミラレズナリヌ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.121
【初出】 『短歌研究』 1967.3 石の船 (65)


01852
盲目に ころがりてゆく 落ち葉かと あきらめがたき 心は惑ふ
モウモクニ コロガリテユク オチバカト アキラメガタキ ココロハマドフ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.121


01853
夕焼けの 空より雪の 降り出でて 虹よりも遠く われをいざなふ
ユウヤケノ ソラヨリユキノ フリイデテ ニジヨリモトオク ワレヲイザナフ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.121
【初出】 『短歌研究』 1967.3 石の船 (82)


01854
事務服を ロッカーにしまひ その奥に 脱ぎたる顔の 一つもしまふ
ジムフクヲ ロッカーニシマヒ ソノオクニ ヌギタルカオノ ヒトツモシマフ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.122
【初出】 『形成』 1969.3 「無題」 (4)


01855
閉館の チャイムを待ちて 帰りゆく 最も遠き 一人となりて
ヘイカンノ チャイムヲマチテ カエリユク モットモトオキ ヒトリトナリテ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.122
【初出】 『現代短歌』 1969.11 カリフの言葉 (7)


01856
スペードの 2を引きしこと 生涯の 非運のごとく ながく忘れぬ
スペードノ ニヲヒキシコト ショウガイノ ヒウンノゴトク ナガクワスレヌ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.122


01857
きららかに 車ゆきかひ わが持てる ライプニッツの 思想も古りぬ
キララカニ クルマユキカヒ ワガモテル ライプニッツノ シソウモフリヌ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.123


01858
時刻表の 文字板ともる 夜半の駅 今は誰も誰も 逃がしてやらむ
ジコクヒョウノ モジバントモル ヨワノエキ イマハダレモダレモ ノガシテヤラム

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.123


01859
灰いろの 何の花びら 春を呼ぶ 嵐の夜々に 飛びかひやまず
ハイイロノ ナンノハナビラ ハルヲヨブ アラシノヨヨニ トビカヒヤマズ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.123
【初出】 『形成』 1969.5 「無題」 (1)