さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

花溢れゐき

 
さまざまの       仰ぎ見る        われらにて       何事か         
さまざまの       雪の日の        折れ易き        ガラス戸に       
いづくにか       明日のため       くらがりに       氷柱を         
まじまじと       やはらかく       
 
 
 

01582
さまざまの 網目をくぐる 夢なりき 僅かばかりの 砂金を持ちて
サマザマノ アミメヲクグル ユメナリキ ワズカバカリノ サキンヲモチテ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.23
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (66)


01583
仰ぎ見る ステンドグラス いつの日も うなだれて使徒の 幾人歩む
アオギミル ステンドグラス イツノヒモ ウナダレテシトノ イクタリアユム

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.23
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (39)


01584
われらにて 絶えむ系譜を 悔やまねど 樒花咲く 淡き緑に
ワレラニテ タエムケイフヲ クヤマネド シキビハナサク アワキミドリニ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.24
【初出】 『形成』 1966.7 「無題」 (7)


01585
何事か 終らむとして 土の上に ラインひとすぢ 引かれてゆきぬ
ナニゴトカ オワラムトシテ ツチノウエニ ラインヒトスヂ ヒカレテユキヌ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.24
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (55)


01586
さまざまの 角度に鏡の 映りあひ 騒がしき家具の 売り場過ぎゆく
サマザマノ カクドニカガミノ ウツリアヒ サワガシキカグノ ウリバスギユク

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.24
【初出】 『形成』 1966.4 「無題」 (8)


01587
雪の日の ためのストール 選ばむに 身に添ふ色の 少なくなりぬ
ユキノヒノ タメノストール エラバムニ ミニソフイロノ スクナクナリヌ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.25
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (49)


01588
折れ易き チョーク粉々に 踏みにじり 駆け出だしたき 衝動走る
オレヤスキ チョークコナゴナニ フミニジリ カケイダシタキ ショウドウハシル

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.25
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (92)


01589
ガラス戸に 一日動かぬ 蛾の位置を 確かめてわれの 帰らむとする
ガラスドニ ヒトヒウゴカヌ ガノイチヲ タシカメテワレノ カエラムトスル

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.25
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (20)


01590
いづくにか 月ありて明るき 畦の道 老いし狐の 如くしはぶく
イヅクニカ ツキアリテアカルキ アゼノミチ オイシキツネノ ゴトクシハブク

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.26
【初出】 『形成』 1966.11 「無題」 (5)


01591
明日のため 何占はむ 山繭の みどり一粒 手にまろがして
アスノタメ ナニウラナハム ヤママユノ ミドリイチリュウ テニマロガシテ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.26
【初出】 『形成』 1966.3 「無題」 (7)


01592
くらがりに みひらきをれば 壁面の 画鋲の一つ 二つ見え来る
クラガリニ ミヒラキヲレバ ヘキメンノ ガビョウノヒトツ フタツミエクル

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.26
【初出】 『形成』 1966.7 「無題」 (2)


01593
氷柱を 兇器としたる 物語 読み終へて肩に 来る冷え著し
ヒョウチュウヲ キョウキトシタル モノガタリ ヨミオヘテカタニ クルヒエシルシ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.27
【初出】 『形成』 1966.2 「無題」 (3)


01594
まじまじと 見つめられゐし 記憶あり 忘れてゐたき 経緯のなかに
マジマジト ミツメラレヰシ キオクアリ ワスレテヰタキ ケイイノナカニ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.27
【初出】 『短歌研究』 1966.1 冬の素描 (97)


01595
やはらかく 髪をほぐして 眠らむに 身を脅やかす 何事もなし
ヤハラカク カミヲホグシテ ネムラムニ ミヲオビヤカス ナニゴトモナシ

『花溢れゐき』(短歌研究社 1971) p.27
【初出】 『形成』 1966.7 「無題」 (6)