さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
踏まれゐし       ひらひらと       森の絵を        すりおろす       
表情の         魔法瓶の        ゆるやかに       きららかに       
 
 
 

01532
踏まれゐし 黄のクレパスを 掃き寄せて 落ち葉焚く日の しばらく匂ふ
フマレヰシ キノクレパスヲ ハキヨセテ オチバタクヒノ シバラクニオフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.233


01533
ひらひらと 魚などの飛ぶ 気配して 窓より見ゆる つぎはぎの街
ヒラヒラト ウオナドノトブ ケハイシテ マドヨリミユル ツギハギノマチ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.233


01534
森の絵を 見せられし遠き 日を思ひ 遺作展の記事 切り抜きておく
モリノエヲ ミセラレシトオキ ヒヲオモヒ イサクテンノキジ キリヌキテオク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.234


01535
すりおろす 林檎は忽ち 錆びてゆき かすかに虫の 飛ぶ音がする
スリオロス リンゴハタチマチ サビテユキ カスカニムシノ トブオトガスル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.234


01536
表情の とぼけし熊の 縫ひぐるみ 不思議にいつも みどり児はゐず
ヒョウジョウノ トボケシクマノ ヌヒグルミ フシギニイツモ ミドリゴハヰズ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.234


01537
魔法瓶の 中にも雨の 音溢れ 次第に街の 音とかさなる
マホウビンノ ナカニモアメノ オトアフレ シダイニマチノ オトトカサナル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.235


01538
ゆるやかに 向きを変へゐる 足跡の 一つ一つが こゑ持つごとし
ユルヤカニ ムキヲカヘヰル アシアトノ ヒトツヒトツガ コヱモツゴトシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.235


01539
きららかに ついばむ鳥の 去りしあと 長くかかりて 水はしづまる
キララカニ ツイバムトリノ サリシアト ナガクカカリテ ミズハシヅマル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.235
【初出】 『埼玉風景』 1974.1 森の絵 (1)