さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
方角を         現実の         砂山を         ひとしきり       
物語の         噴水の         急行を         枯れ葦の        
首垂れて        白樺の         木の芽あへ       
 
 
 

01484
方角を もたぬ砂丘の さみしさに ただ海の方へ 人はいざなふ
ホウガクヲ モタヌサキュウノ サミシサニ タダウミノカタヘ ヒトハイザナフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.215
【初出】 『形成』 1965.8 「無題」 (1)


01485
現実の たれに似るとも 思へねど 悪運つよき 相を持つ鬼
ゲンジツノ タレニニルトモ オモヘネド アクウンツヨキ ソウヲモツオニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.215
【初出】 『形成』 1965.6 「無題」 (5)


01486
砂山を 越え来し思ひ はろけきに アカシアの花 錆びて吹かるる
スナヤマヲ コエコシオモヒ ハロケキニ アカシアノハナ サビテフカルル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.216
【初出】 『形成』 1965.8 「無題」 (2)


01487
ひとしきり 猛りて落ちし 野火を見つ 夜の思ひの 凪ぐこともなく
ヒトシキリ タケリテオチシ ノビヲミツ ヨルノオモヒノ ナグコトモナク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.216
【初出】 『形成』 1965.6 「無題」 (6)


01488
物語の 中の少女に 言はしめし 台詞にいつか われも傷つく
モノガタリノ ナカノオトメニ イハシメシ セリフニイツカ ワレモキズツク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.216
【初出】 『形成』 1965.8 「無題」 (4)


01489
噴水の 伸び縮みして きりもなし 立ち去りがたき 今のこころに
フンスイノ ノビチヂミシテ キリモナシ タチサリガタキ イマノココロニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.217
【初出】 『形成』 1965.5 「無題」 (1)


01490
急行を 待ちゐる長き 停車にて 車内の人ら さまざまにうごく
キュウコウヲ マチヰルナガキ テイシャニテ シャナイノヒトラ サマザマニウゴク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.217
【初出】 『形成』 1965.5 「無題」 (3)


01491
枯れ葦の すきまに水の 光るのみ 舞ひ降りて来る 白鳥もなし
カレアシノ スキマニミズノ ヒカルノミ マヒオリテクル ハクチョウモナシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.217
【初出】 『形成』 1965.5 「無題」 (4)


01492
首垂れて 洗はれてゐる 仔馬あり 何に寂しき われの心か
クビタレテ アラハレテヰル コウマアリ ナンニサビシキ ワレノココロカ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.218
【初出】 『形成』 1965.8 「無題」 (6)


01493
白樺の 実生の苗木 届きたり まだ雪消えぬ 甲斐の国より
シラカバノ ミショウノナエギ トドキタリ マダユキキエヌ カイノクニヨリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.218
【初出】 『形成』 1965.8 「無題」 (5)


01494
木の芽あへ 食む夜は思ふ ふるさとを 捨てにし父母の ながきかなしみ
コノメアヘ ハムヨハオモフ フルサトヲ ステニシフボノ ナガキカナシミ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.218
【初出】 『形成』 1965.6 「無題」 (2)