さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
石の上に        おのづから       ものの影        道ばたに        
赤松の         著莪の花        遠景に         交はし来し       
まばらなる       靴音を         眼裏に         
 
 
 

01473
石の上に こぼせしタール 時を経て とりとめのなき 象に乾く
イシノウエニ コボセシタール トキヲヘテ トリトメノナキ カタチニカワク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.211
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (15)


01474
おのづから 色素の沈み ゆくごとき 思ひ味はふ 別離の日より
オノヅカラ シキソノシズミ ユクゴトキ オモヒアジハフ ベツリノヒヨリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.211
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (16)


01475
ものの影 なべてはためき 過ぎ行けり 防音ガラスの 壁をすかして
モノノカゲ ナベテハタメキ スギユケリ ボウオンガラスノ カベヲスカシテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.212
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (17)


01476
道ばたに 杭立ち並び 何事か 証しのほしき われと思ひつ
ミチバタニ クヒタチナラビ ナニゴトカ アカシノホシキ ワレトオモヒツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.212
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (19)


01477
赤松の 水際の一木 倒れゐて 過ぎゆくわれに 匂ふ松の根
アカマツノ ミギハノヒトキ タオレヰテ スギユクワレニ ニオフマツノネ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.212
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (22)


01478
著莪の花 沼をふちどり 咲ける日の 記憶たどりて 枯れ野を渡る
シャガノハナ ヌマヲフチドリ サケルヒノ キオクタドリテ カレノヲワタル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.213
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (20)


01479
遠景に 埃ひろがり 砕石を 敷き均らす音 しばらく聞こゆ
エンケイニ ホコリヒロガリ サイセキヲ シキナラスオト シバラクキコユ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.213
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (21)


01480
交はし来し 言葉は褪せて 砂時計の 砂の赤かりし ことのみ思ふ
カハシコシ コトバハアセテ スナドケイノ スナノアカカリシ コトノミオモフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.213
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (18)


01481
まばらなる 灯を置く枯れ野 東京の 方角と思ふ 空のあかるむ
マバラナル ヒヲオクカレノ トウキョウノ ホウガクトオモフ ソラノアカルム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.214
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (26)


01482
靴音を 先立てて歩む 夜の道 木々の明りは いづこより来る
クツオトヲ サキタテテアユム ヨルノミチ キギノアカリハ イヅコヨリクル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.214
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (28)


01483
眼裏に ガラスの破片 敷き詰めし 海あり人は 還ることなし
マナウラニ ガラスノハヘン シキツメシ ウミアリヒトハ カエルコトナシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.214
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (23)