さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
亡き父の        ワイヤーを       唇の          透明の         
あざやかな       何のせても       肘を張り        霜割れの        
北風の         薬局の         鳥籠の         
 
 
 

01454
亡き父の 在りし日を知る ただ一人 老いたる記者も 再びは来ず
ナキチチノ アリシヒヲシル タダヒトリ オイタルキシャモ フタタビハコズ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.204
【初出】 『形成』 1965.8 「無題」 (7)


01455
ワイヤーを ひきずる如き 音せしが 何事もなく 雨降り出でぬ
ワイヤーヲ ヒキズルゴトキ オトセシガ ナニゴトモナク アメフリイデヌ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.204
【初出】 『形成』 1965.1 「無題」 (6)


01456
唇の 厚き女と してゑがく 画家をうとめる 思ひの去らず
クチビルノ アツキオミナト シテヱガク ガカヲウトメル オモヒノサラズ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.205
【初出】 『形成』 1965.11 「無題」 (4)


01457
透明の 小箱かさねて 卵売れり どこを向きても 溝臭ふ街
トウメイノ コバコカサネテ タマゴウレリ ドコヲムキテモ ミゾニオフマチ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.205
【初出】 『形成』 1965.11 「無題」 (5)


01458
あざやかな 斑を持つ蝶を 見し夢も 旅ゆくわれの 不安を誘ふ
アザヤカナ フヲモツチョウヲ ミシユメモ タビユクワレノ フアンヲサソフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.205
【初出】 『形成』 1965.11 「無題」 (6)


01459
何のせても 同じ目盛りを 指す秤 今の間に測りて おく物なきや
ナニノセテモ オナジメモリヲ サスハカリ イマノマニハカリテ オクモノナキヤ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.206
【初出】 『形成』 1965.1 「無題」 (5)


01460
肘を張り 毛糸編む癖 亡き母に 似て夜の部屋の ガラスに映る
ヒジヲハリ ケイトアムクセ ナキハハニ ニテヨノヘヤノ ガラスニウツル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.206
【初出】 『形成』 1965.1 「無題」 (7)


01461
霜割れの 音ひびく森 石人の 台座のめぐり 落ち葉は深し
シモワレノ オトヒビクモリ セキジンノ ダイザノメグリ オチバハフカシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.206
【初出】 『形成』 1965.4 「無題」 (1)


01462
北風の 夜は聞こえて 来る喇叭 遠き兵舎も 灯を消すならむ
キタカゼノ ヨルハキコエテ クルラッパ トオキヘイシャモ ヒヲケスナラム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.207
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (25)


01463
薬局の 明るくともる 前過ぎて 夜霧の奥へ 去る人のこゑ
ヤッキョクノ アカルクトモル マエスギテ ヨギリノオクヘ サルヒトノコヱ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.207
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (27)


01464
鳥籠の 巣藁に雪の たまりゐて 遠き旅より 戻れるごとし
トリカゴノ スワラニユキノ タマリヰテ トオキタビヨリ モドレルゴトシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.207
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (24)