さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
花火の匂ひ       とぎれつつ       音もなく        賑はへる        
カーテンを       砂山に         見残せし        足環を         
 
 
 

01446
花火の匂ひ 残れる渚 帰らぬと 知りつつ待ちし 年月思ふ
ハナビノニオヒ ノコレルナギサ カエラヌト シリツツマチシ トシツキオモフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.201
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (39)


01447
とぎれつつ 砂地につづく 靴のあと 踏み砕かれし 貝殻も見つ
トギレツツ スナジニツヅク クツノアト フミクダカレシ カイガラモミツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.201
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (40)


01448
音もなく 石垣の裾を 洗ひゐる 波の穂先の 光ることあり
オトモナク イシガキノスソヲ アラヒヰル ナミノホサキノ ヒカルコトアリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.202
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (41)


01449
賑はへる ひととき過ぎて 跳ね橋は うすくまたたく 灯をつらねたり
ニギハヘル ヒトトキスギテ ハネバシハ ウスクマタタク ヒヲツラネタリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.202
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (37)


01450
カーテンを 引けば岬の 見ゆる窓 さわだつ波の 遠景白し
カーテンヲ ヒケバミサキノ ミユルマド サワダツナミノ エンケイシロシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.202
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (38)


01451
砂山に ハレルヤを歌ふ 少女たち 林の中は 風がつめたし
スナヤマニ ハレルヤヲウタフ オトメタチ ハヤシノナカハ カゼガツメタシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.203
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (42)


01452
見残せし 夢あるごとし 地に降りて 紫いろの 影曳く鳩ら
ミノコセシ ユメアルゴトシ チニオリテ ムラサキイロノ カゲヒクハトラ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.203
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (43)


01453
足環を 光らせて鳩の 飛びたてり 長かりし冬も 終らむとして
アシクワンヲ ヒカラセテハトノ トビタテリ ナガカリシフユモ オワラムトシテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.203
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (44)