さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
水晶の         ガソリンを       亡き母の        ガラス戸に       
蹄鉄の         夜の森を        飾り窓に        立ち向ふ        
 
 
 

01414
水晶の 古りし印鑑 来む年は よろこびごとに 捺す日もあれよ
スイショウノ フリシインカン コムトシハ ヨロコビゴトニ オスヒモアレヨ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.189
【初出】 『形成』 1965.3 「無題」 (1)


01415
ガソリンを 地下の倉庫に 充たしたる 給油所成りて 日々に賑はふ
ガソリンヲ チカノソウコニ ミタシタル キュウユウジョナリテ ヒビニニギハフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.189
【初出】 『形成』 1965.3 「無題」 (6)


01416
亡き母の コート別れし 夫の袷 さまざまの端布 葛籠より出づ
ナキハハノ コートワカレシ ツマノアワセ サマザマノハギレ ツヅラヨリイヅ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.190
【初出】 『形成』 1965.3 「無題」 (2)


01417
ガラス戸に 湯気こもらせて 雪の日の 煮炊きたのしむ 姉と妹
ガラスドニ ユゲコモラセテ ユキノヒノ ニタキタノシム アネトイモウト

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.190
【初出】 『形成』 1965.3 「無題」 (7)


01418
蹄鉄の あとを求めて さすらへり 何に憑かれゐし 夢にかあらむ
テイテツノ アトヲモトメテ サスラヘリ ナンニツカレヰシ ユメニカアラム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.190
【初出】 『形成』 1965.3 「無題」 (3)


01419
夜の森を 飛び立ちてゆく 鳥の声 もの縫ふわれは 針を磨けり
ヨノモリヲ トビタチテユク トリノコエ モノヌフワレハ ハリヲミガケリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.191
【初出】 『形成』 1965.1 「無題」 (1)


01420
飾り窓に 残れる銀の 十字架を 見届けて夜の 慰め淡し
カザリマドニ ノコレルギンノ ジュウジカヲ ミトドケテヨノ ナグサメアワシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.191
【初出】 『形成』 1965.1 「無題」 (3)


01421
立ち向ふ 心いつしか 湧きて歩む 何が端緒と いふにもあらず
タチムカフ ココロイツシカ ワキテアユム ナニガタンショト イフニモアラズ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.191
【初出】 『形成』 1965.1 「無題」 (4)