さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
住みつきし       結びめを        母の櫛         山椒の         
遠くにて        口紅を         子規の忌も       鉄分の         
 
 
 

01385
住みつきし ころより残る 切り株と 仔犬をつなぐ をりふしに恋ふ
スミツキシ コロヨリノコル キリカブト コイヌヲツナグ ヲリフシニコフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.177


01386
結びめを ほどくごとくに 花こぼす 木蓮も夜の まなかひに置く
ムスビメヲ ホドクゴトクニ ハナコボス モクレンモヨノ マナカヒニオク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.177
【初出】 『彩』 1965.6 潮鳴り (9)


01387
母の櫛 父の時計も 土にいけて 去りゆくこころ 定めむとする
ハハノクシ チチノトケイモ ツチニイケテ サリユクココロ サダメムトスル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.178
【初出】 『形成』 1964.9 「無題」 (1)


01388
山椒の つぶらに赤く 実る庭 移り来し家に 幸待つごとし
サンショウノ ツブラニアカク ミノルニワ ウツリコシイエニ サチマツゴトシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.178
【初出】 『形成』 1964.9 「無題」 (2)


01389
遠くにて ガラス割れたる 音せしが われもいらだつ 心を持てリ
トオクニテ ガラスワレタル オトセシガ ワレモイラダツ ココロヲモテリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.178
【初出】 『形成』 1964.10 「無題」 (4)


01390
口紅を さして貰へば 帰りゆく まだ目のあかぬ 仔犬抱き来て
クチベニヲ サシテモラヘバ カエリユク マダメノアカヌ コイヌイダキキテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.179
【初出】 『形成』 1964.10 「無題」 (5)


01391
子規の忌も 過ぎしと思ふ 朝々に 尾長の羽の 落ちて吹かるる
シキノキモ スギシトオモフ アサアサニ オナガノハネノ オチテフカルル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.179


01392
鉄分の ぬけぬ井戸水 瀘して汲み 住み慣れゆかむ 萩咲く家に
テツブンノ ヌケヌイドミズ コシテクミ スミナレユカム ハギサクイエニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.179
【初出】 『形成』 1964.10 「無題」 (6)