さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
道ばたに        川水の         粗壁の         スプーンの       
崖下の         隙のなき        ぬかりなく       喪の家を        
 
 
 

01377
道ばたに 模造の真珠 売られゐる まづしき街も 過ぎて旅行く
ミチバタニ モゾウノシンジュ ウラレヰル マヅシキマチモ スギテタビユク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.174
【初出】 『形成』 1964.10 「無題」 (1)


01378
川水の 錆びてたゆたふ 橋の下 流しやりたき 思ひわが持つ
カワミズノ サビテタユタフ ハシノシタ ナガシヤリタキ オモヒワガモツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.174
【初出】 『形成』 1965.6 「無題」 (1)


01379
粗壁の まま入りて住む 一家族 女童のこゑを 夜々にひびかす
アラカベノ ママイリテスム イチカゾク メワラベノコヱヲ ヨヨニヒビカス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.175
【初出】 『形成』 1964.11 「無題」 (1)


01380
スプーンの 箱くつがへしたる 残響の きらきらとして 一夜続きぬ
スプーンノ ハコクツガヘシタル ザンキョウノ キラキラトシテ ヒトヨツヅキヌ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.175
【初出】 『形成』 1964.11 「無題」 (3)


01381
崖下の 家のあたりに とまりたる 車と思ひ 夜半を醒めゐる
ガケシタノ イエノアタリニ トマリタル クルマトオモヒ ヨワヲサメヰル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.175
【初出】 『形成』 1965.6 「無題」 (4)


01382
隙のなき 論も寂しと 聴きゐたり 膝に置きたる 両手が懈し
スキノナキ ロンモサビシト キキヰタリ ヒザニオキタル リョウテガタユシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.176
【初出】 『形成』 1964.12 「無題」 (3)


01383
ぬかりなく 勤めつづけて 何あらむ 雲を見る癖も いつか失ふ
ヌカリナク ツトメツヅケテ ナニアラム クモヲミルクセモ イツカウシナフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.176


01384
喪の家を 指す矢印に みちびかれ 沙羅散りしける 垣に添ひゆく
モノイエヲ サスヤジルシニ ミチビカレ サラチリシケル カキニソヒユク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.176
【初出】 『形成』 1964.12 「無題」 (1)