さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
煙もて         新しき         真葛の葉        闇を来て        
遊牧の         
 
 
 

01372
煙もて 空に占ふ 何あらむ 落ち葉を焚けば 風が集まる
ケムリモテ ソラニウラナフ ナニアラム オチバヲタケバ カゼガアツマル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.172
【初出】 『短歌』 1964.9 真葛原 (1)


01373
新しき 白布机に 掛けたれば 生き残りゐる かなしみ深し
アタラシキ ハクフツクエニ カケタレバ イキノコリヰル カナシミフカシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.172
【初出】 『短歌』 1964.9 真葛原 (4)


01374
真葛の葉 しげれる沢を つたひゆき たづぬる死者は みな顔の無き
マクズノハ シゲレルサワヲ ツタヒユキ タヅヌルシシャハ ミナカオノナキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.173
【初出】 『短歌』 1964.9 真葛原 (3)


01375
闇を来て 触るる道草 ただよへる 魚のごとくに 歩みてゐしや
ヤミヲキテ フルルミチクサ タダヨヘル ウオノゴトクニ アユミテヰシヤ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.173
【初出】 『短歌』 1964.9 真葛原 (2)


01376
遊牧の 男の一人 わが夜々の 夢に入り来て 汗を匂はす
ユウボクノ オトコノヒトリ ワガヨヨノ ユメニイリキテ アセヲニオハス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.173
【初出】 『短歌』 1964.9 真葛原 (5)