さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
桟橋の         喪の羽織        うつし世の       ぬるき湯の       
貰ひたる        変へてゆく       馬鈴薯を        いかならむ       
 
 
 

01364
桟橋の 先までゆきて 帰り来ぬ かの夜の雪が 肩にはららぐ
サンバシノ サキマデユキテ カエリキヌ カノヨノユキガ カタニハララグ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.169
【初出】 『彩』 1965.6 雪の章 (1)


01365
喪の羽織 肩より脱ぎて 坐りたり 午後の仕事が われを待ちゐむ
モノハオリ カタヨリヌギテ スワリタリ ゴゴノシゴトガ ワレヲマチヰム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.169
【初出】 『彩』 1965.6 雪の章 (4)


01366
うつし世の 最後の逢ひと 思ふ日に 人は喚きつ われを詰りて
ウツシヨノ サイゴノアヒト オモフヒニ ヒトハワメキツ ワレヲナジリテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.170


01367
ぬるき湯の 流るるに似し 会話にて 剥製の雉子 置ける棚見ゆ
ヌルキユノ ナガルルニニシ カイワニテ ハクセイノキジ オケルタナミユ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.170
【初出】 『彩』 1965.6 潮鳴り (10)


01368
貰ひたる 名刺のよごれ ゐしことも 私和遂げし夜の 疼きを誘ふ
モラヒタル メイシノヨゴレ ヰシコトモ シワトゲシヨノ ウヅキヲサソフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.170
【初出】 『彩』 1965.6 潮鳴り (11)


01369
変へてゆく 生き方などは 思はねど 草に溶けつつ 淡雪の降る
カヘテユク イキカタナドハ オモハネド クサニトケツツ アワユキノフル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.171
【初出】 『彩』 1965.6 雪の章 (3)


01370
馬鈴薯を 食ぶる家族を 描きしゴツホ 笑ひころげて 行く少女たち
バレイショウヲ タブルカゾクヲ エガキシゴツホ ワラヒコロゲテ ユクオトメタチ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.171
【初出】 『彩』 1965.6 雪の章 (5)


01371
いかならむ 賭けに敗れて 来し夜か 雪のしづくの 光る片袖
イカナラム カケニヤブレテ コシヨルカ ユキノシヅクノ ヒカルカタソデ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.171
【初出】 『彩』 1965.6 雪の章 (8)