さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
換算し         待ちて得し       色褪せし        転換を         
切れ味を        涙もろく        書類の         森に来て        
 
 
 

01337
換算し 得る年月と 思はねど 償ひ呉れむと 言ふ人ならず
カンザンシ ウルトシツキト オモハネド ツグナヒクレムト イフヒトナラズ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.159
【初出】 『形成』 1964.8 「無題」 (1)


01338
待ちて得し もの幾ばくぞ 十年目 白髪のめだつ 君を見しのみ
マチテエシ モノイクバクゾ ジュウネンメ シラガノメダツ キミヲミシノミ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.159
【初出】 『形成』 1964.8 「無題」 (2)


01339
色褪せし 花忽ちに 散りし花 さまざまにわれの こころを乱す
イロアセシ ハナタチマチニ チリシハナ サマザマニワレノ ココロヲミダス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.160
【初出】 『形成』 1964.6 「無題」 (2)


01340
転換を 計り呉れむと する汝か 緑いろ濃き 地図をひろげて
テンカンヲ ハカリクレムト スルナレカ ミドリイロコキ チズヲヒロゲテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.160
【初出】 『形成』 1964.8 「無題」 (4)


01341
切れ味を 試しつつ刃物 売れる見つ 人参の屑 土に散りゐつ
キレアジヲ タメシツツハモノ ウレルミツ ニンジンノクズ ツチニチリヰツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.160


01342
涙もろく なりゐるわれか バスを待つ 広場の人の いきれの中に
ナミダモロク ナリヰルワレカ バスヲマツ ヒロバノヒトノ イキレノナカニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.161
【初出】 『形成』 1964.8 「無題」 (3)


01343
書類の 重石に置ける 灰皿に うすき埃の 見えて夕づく
ショルイノ オモシニオケル ハイザラニ ウスキホコリノ ミエテユウヅク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.161
【初出】 『短歌研究』 1964.5 季冬日々 (18)


01344
森に来て 誰か吹き習ふ トランペツト 笑ひあふまで 心直りつ
モリニキテ タレカフキナラフ トランペツト ワラヒアフマデ ココロナオリツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.161
【初出】 『形成』 1964.8 「無題」 (6)