さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
耳飾り         ルージユもて      木の洞に        明けやらぬ       
人形の         凸凹の         メタセコイヤの     耳ぎはの        
 
 
 

01291
耳飾り してゐるわれの 写真出づ 若くして逸り 易き日ありき
ミミカザリ シテヰルワレノ シャシンイヅ ワカクシテハヤリ ヤスキヒアリキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.142
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (10)


01292
ルージユもて 咄嗟に書きし 伝言の 短かき文字を 今に忘れず
ルージユモテ トッサニカキシ デンゴンノ ミジカキモジヲ イマニワスレズ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.142
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (11)


01293
木の洞に 斧蔵ひおく ことも知り あけくれ森を 抜けつつ通ふ
キノウロニ オノシマヒオク コトモシリ アケクレモリヲ ヌケツツカヨフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.143
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (24)


01294
明けやらぬ 森を騒立て ゐる猟者 ひそみてあれよ わが野鳩らは
アケヤラヌ モリヲサワダテ ヰルリョウシャ ヒソミテアレヨ ワガノバトラハ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.143
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (26)


01295
人形の 髪の濡れゐる 錯覚も 過ぎてミモザの 水替へに立つ
ニンギョウノ カミノヌレヰル サッカクモ スギテミモザノ ミズカヘニタツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.143
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (29)


01296
凸凹の はげしき岩も 遠ざかる 辰砂を溶きし 絵皿洗へば
オウトツノ ハゲシキイワモ トオザカル シンサヲトキシ エザラアラヘバ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.144
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (27)


01297
メタセコイヤの 木蔭に棲むと いふ知らせ 死後の便りの 如くはろけし
メタセコイヤノ コカゲニスムト イフシラセ シゴノタヨリノ ゴトクハロケシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.144
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (12)


01298
耳ぎはの 髪が吹かれて 目ざめたり そよぐ木の葉は 何方ならむ
ミミギハノ カミガフカレテ メザメタリ ソヨグコノハハ イヅカタナラム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.144
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (30)