さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
靴の先         洗ひたる        坂道の         一粒の         
除刑日に        乾きゆく        木鋏を         編みものを       
 
 
 

01275
靴の先 光らせて出づる 朝々に ひひらぎの花 散りはじめたり
クツノサキ ヒカラセテイヅル アサアサニ ヒヒラギノハナ チリハジメタリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.136
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (1)


01276
洗ひたる 髪凍らせて 歩みしか 雪国の夜の 記憶も古りぬ
アラヒタル カミコオラセテ アユミシカ ユキグニノヨノ キオクモフリヌ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.136
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (2)


01277
坂道の 反射に窓が 明るめば 間なく至らむ ゆふべの冷えは
サカミチノ ハンシャニマドガ アカルメバ マナクイタラム ユフベノヒエハ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.137
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (3)


01278
一粒の 火種を未だ 持つわれと 夜もすがらなる 風を聴きゐし
ヒトツブノ ヒダネヲイマダ モツワレト ヨモスガラナル カゼヲキキヰシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.137
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (4)


01279
除刑日に 生きて再び めぐりあふ かなしみに似て 鍵束の音
ジョケイビニ イキテフタタビ メグリアフ カナシミニニテ カギタバノオト

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.137
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (13)


01280
乾きゆく 髪に残れる レモンの香 何に萎へゐし 心と思ふ
カワキユク カミニノコレル レモンノカ ナニニナヘヰシ ココロトオモフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.138
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (5)


01281
木鋏を 鳴らして冬の 枝を断つ 芽ぐめる枝も 容赦なく断つ
キバサミヲ ナラシテフユノ エダヲタツ メグメルエダモ ヨウシャナクタツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.138
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (6)


01282
編みものを 教へて暮らす 友の来て ふくらかに編みし 帽子呉れゆく
アミモノヲ オシヘテクラス トモノキテ フクラカニアミシ ボウシクレユク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.138
【初出】 『短歌』 1964.3 野火の村 (9)