さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
事故の夜の       人を轢きし       安らぎに        くるみ釦        
石室の         
 
 
 

01238
事故の夜の ざはめきの中 カンテラに 鬼面のごとき 顔照らしあふ
ジコノヨノ ザハメキノナカ カンテラニ キメンノゴトキ カオテラシアフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.121
【初出】 『形成』 1963.12 落葉季 (4)


01239
人を轢きし トロもレールも 蔽ふまで 一夜落ち葉の 降りつもりたり
ヒトヲヒキシ トロモレールモ オオフマデ ヒトヨオチバノ フリツモリタリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.121
【初出】 『形成』 1963.12 落葉季 (5)


01240
安らぎに 遠きこころぞ 夜の卓に 固形スープを 砕きつつゐて
ヤスラギニ トオキココロゾ ヨノタクニ コケイスープヲ クダキツツヰテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.122
【初出】 『形成』 1963.12 落葉季 (6)


01241
くるみ釦 次々に縫ひ 縮めつつ 解けぬ符牒の あるごとき日よ
クルミボタン ツギツギニヌヒ チヂメツツ トケヌフチョウノ アルゴトキヒヨ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.122
【初出】 『形成』 1963.10 日常抄 (6)


01242
石室の 底に落ち葉を 敷き詰めて 死よりも深き 眠りがほしき
イシムロノ ソコニオチバヲ シキツメテ シヨリモフカキ ネムリガホシキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.122
【初出】 『形成』 1963.12 落葉季 (1)