さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
竹伐りが        枯れ枝を        吸ひ殻を        草むらに        
最後の         執拗に         蔓薔薇の        裏返しの        
尖端に         一本の         雨あとの        
 
 
 

01222
竹伐りが 去りゆきしあとの 藪乱れ 沼にさしゐる ながき夕映え
タケキリガ サリユキシアトノ ヤブミダレ ヌマニサシヰル ナガキユウバエ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.115
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (1)


01223
枯れ枝を 踏みたる音に たじろげば 林はいつか 風やみてゐる
カレエダヲ フミタルオトニ タジロゲバ ハヤシハイツカ カゼヤミテヰル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.115
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (2)


01224
吸ひ殻を 沼に投げ捨て 立ちゆけり 何決意せし 人にかあらむ
スヒガラヲ ヌマニナゲステ タチユケリ ナニケツイセシ ヒトニカアラム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.116
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (3)


01225
草むらに 棚崩え残り まぼろしの 胴輝ける 馬歩み来る
クサムラニ タナクエノコリ マボロシノ ドウカガヤケル ウマアユミクル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.116
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (4)


01226
最後の マッチを擦りて 確かめし おもかげなりき 去りてはろけし
サイゴノ マッチヲスリテ タシカメシ オモカゲナリキ サリテハロケシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.116
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (5)


01227
執拗に 突堤の灯を 砕きゐし 波に次第に 溶けつつ眠る
シツヨウニ トッテイノヒヲ クダキヰシ ナミニシダイニ トケツツネムル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.117
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (6)


01228
蔓薔薇の 咲きては褪せて ゆく日々に 太き土管は 掘りあげられつ
ツルバラノ サキテハアセテ ユクヒビニ フトキドカンハ ホリアゲラレツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.117
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (7)


01229
裏返しの われを見たしと 言ひしとふ 仕事の虫とも 言ひゐしといふ
ウラガエシノ ワレヲミタシト イヒシトフ シゴトノムシトモ イヒヰシトイフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.117
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (8)


01230
尖端に 吊るされてゐし 記憶にて 耳を離れぬ 点滴の音
センタンニ ツルサレテヰシ キオクニテ ミミヲハナレヌ テンテキノオト

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.118
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (12)


01231
一本の アツシユの杖を 遺す部屋 背教は今も わが身に疼く
イッポンノ アツシユノツエヲ ノコスヘヤ ハイキョウハイマモ ワガミニウヅク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.118
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (5)


01232
雨あとの 靄流れつつ 地の上は 切り株殖えて ゆくばかりなり
アメアトノ モヤナガレツツ チノウエハ キリカブフエテ ユクバカリナリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.118
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (20)