さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
しあはせは       凩の          石切り場を       黒耀の         
遠景に         行き暮れて       森の芯と        水に垂るる       
生死さへ        畳屋が         東京へ         暖国を         
 
 
 

01192
しあはせは 何とも定め がたき身に 賜びし指環の 黄玉やさし
シアハセハ ナニトモサダメ ガタキミニ タビシユビワノ トパーズヤサシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.104
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (26)


01193
凩の エチユードも弾き あへぬまま ピアノの向きを 替ふる日は来ぬ
コガラシノ エチユードモヒキ アヘヌママ ピアノノムキヲ カフルヒハコヌ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.104
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (25)


01194
石切り場を 西の斜面に 持てる丘 月さして遺跡の ごとく鎮まる
イシキリバノ ニシノシャメンニ モテルオカ ツキサシテイセキノ ゴトクシズマル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.105
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (10)


01195
黒耀の 古代の鏃 拾ひゆく 野火の匂ひの 残れる土に
コクヨウノ コダイノヤジリ ヒロヒユク ノビノニオヒノ ノコレルツチニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.105
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (15)


01196
遠景に 光りゐし沼 かき消えて 一掬ひほどの 水がたゆたふ
エンケイニ ヒカリヰシヌマ カキキエテ ヒトスクヒホドノ ミズガタユタフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.105
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (20)


01197
行き暮れて 樹氷の森に 明かしたる 一夜眠らぬ ために歌ひき
ユキクレテ ジュヒョウノモリニ アカシタル ヒトヨネムラヌ タメニウタヒキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.106
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (27)


01198
森の芯と ひそかに呼びて 親しめる 椋あり夜々の 夢にそばだつ
モリノシント ヒソカニヨビテ シタシメル ムクアリヨヨノ ユメニソバダツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.106
【初出】 『形成』 1963.3 パリの地図 (3)


01199
水に垂るる 芽柳の枝 森蔭を 抜け来し視野に あかるく点る
ミズニタルル メヤナギノエダ モリカゲヲ ヌケコシシヤニ アカルクトモル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.106
【初出】 『形成』 1963.3 パリの地図 (4)


01200
生死さへ 知らずに過ぎし 年月か 姑と呼びたる かの日も遠く
セイシサヘ シラズニスギシ トシツキカ ハハトヨビタル カノヒモトオク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.107
【初出】 『形成』 1963.3 パリの地図 (6)


01201
畳屋が 針光らせて ゐる路傍 立ちどまり腕の 喪章をはづす
タタミヤガ ハリヒカラセテ ヰルロボウ タチドマリウデノ モショウヲハヅス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.107
【初出】 『形成』 1963.5 早春抄 (4)


01202
東京へ 出でゆくことも 稀にして 雪を積み来し 昼汽車に乗る
トウキョウヘ イデユクコトモ マレニシテ ユキヲツミコシ ヒルキシャニノル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.107
【初出】 『形成』 1963.3 パリの地図 (1)


01203
暖国を 恋ひゐし日々の よみがへり 拇指立ててむく ザボンが匂ふ
ダンコクヲ コヒヰシヒビノ ヨミガヘリ ボシタテテムク ザボンガニオフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.108
【初出】 『短歌』 1963.7 雨季のうた (26)