さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
道標の         地下街を        土管掘る        をりをりに       
針箱に         祖母の死へ       水呑みに        セロハンが       
 
 
 

01179
道標の 石濡らしゆく 雨の中 きほふ菖蒲の 白のはげしさ
ドウヒョウノ イシヌラシユク アメノナカ キホフアヤメノ シロノハゲシサ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.99
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (1)


01180
地下街を 通ひ慣れつつ わが髪の 仮髪のやうに 重たき日あり
チカガイヲ カヨヒナレツツ ワガカミノ カツラノヤウニ オモタキヒアリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.99
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (2)


01181
土管掘る 人ら憩へり 凸凹の しるき薬罐を 焚き火に掛けて
ドカンホル ヒトライコヘリ オウトツノ シルキヤカンヲ タキビニカケテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.100
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (4)


01182
をりをりに サワーグラスを 磨きつつ 欠け来しセット 足すこともなし
ヲリヲリニ サワーグラスヲ ミガキツツ カケコシセット タスコトモナシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.100
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (5)


01183
針箱に 溜まりしボタン 亡き父の 制服の光る ボタンも混る
ハリバコニ タマリシボタン ナキチチノ セイフクノヒカル ボタンモマジル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.100
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (6)


01184
祖母の死へ 伴はれゆきし 思ひ出に 坂あり母に 手を曳かれゐき
ソボノシヘ トモナハレユキシ オモヒデニ サカアリハハニ テヲヒカレヰキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.101
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (8)


01185
水呑みに 戻れる犬も 間なく去り こころ鎮めて 字劃を数ふ
ミズノミニ モドレルイヌモ マナクサリ ココロシズメテ ジカクヲカゾフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.101
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (9)


01186
セロハンが 先づ燃え表紙の 焦げてゆく 幻覚を夜の をりふしに持つ
セロハンガ マヅモエヒョウシノ コゲテユク ゲンカクヲヨノ ヲリフシニモツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.101
【初出】 『形成』 1963.7 雨衣 (17)