さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
白々と         枕木に         フイルムを       川幅を         
獣面の         靄ふかき        放牛の         芯深く         
 
 
 

01138
白々と ひろがりやまず わが視野の はづれにありし 一片の沼
シロジロト ヒロガリヤマズ ワガシヤノ ハヅレニアリシ ヒトヒラノヌマ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.84
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (1)


01139
枕木に 雪積もりゐし 夜の別れ 呼び戻されむ ことを願ひき
マクラギニ ユキツモリヰシ ヨノワカレ ヨビモドサレム コトヲネガヒキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.84
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (2)


01140
フイルムを 逆に回せば まざまざと 枯れ葉まとひて 立ちあがる木々
フイルムヲ ギャクニマワセバ マザマザト カレハマトヒテ タチアガルキギ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.85
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (3)


01141
川幅を 黒くゑぐりて 流れゐる 水あり暮れし 雪原行けば
カワハバヲ クロクヱグリテ ナガレヰル ミズアリクレシ ユキハラユケバ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.85
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (4)


01142
獣面の 一角獣が 持てる角 いつしか生ひて 野をさまよはむ
ジュウメンノ イッカクジュウガ モテルツノ イツシカオヒテ ノヲサマヨハム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.85
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (5)


01143
靄ふかき 対岸に今朝は 斜塔など 置き見つつバスに 過ぎゆかむとす
モヤフカキ タイガンニケサハ シャトウナド オキミツツバスニ スギユカムトス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.86
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (9)


01144
放牛の ごと帰り来む 日を待つや 木の間に光る 枯れ原の道
ホウギュウノ ゴトカエリコム ヒヲマツヤ コノマニヒカル カレハラノミチ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.86
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (7)


01145
芯深く 紫のいろ 溜めてゐる 葉牡丹を置く 冬の机に
シンフカク ムラサキノイロ タメテヰル ハボタンヲオク フユノツクエニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.86
【初出】 『短歌研究』 1963.5 沼の遠景 (10)