さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
音もなく        水いろの        風の夜の        息詰めて        
復元を         石像の         橋灯の         地を這へる       
河原に         銀糸もて        乾し草を        
 
 
 

01114
音もなく 迫る水深器を 感じゐて 沼底にゐし われは目を明く
オトモナク セマルゾンデヲ カンジヰテ ヌマソコニヰシ ワレハメヲアク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.74
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (9)


01115
水いろの 器に透けて 奔放に 根をひらきゆく 冬のヒアシンス
ミズイロノ ウツワニスケテ ホンポウニ ネヲヒラキユク フユノヒアシンス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.74
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (6)


01116
風の夜の 影歪む中 一本の 裸木が張れる 神経の枝
カゼノヨノ カゲユガムナカ イッポンノ ラボクガハレル シンケイノエダ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.75
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (2)


01117
息詰めて 吹けば鋭く 鳴く土笛 埴輪童児の 双手へ返す
イキツメテ フケバスルドク ナクドブエ ハニワドウジノ モロテヘカエス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.75
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (3)


01118
復元を 待てる土偶ら こもごもの 声響み夜と なる資料室
フクゲンヲ マテルドグウラ コモゴモノ コエトヨミヨト ナルシリョウシツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.75
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (4)


01119
石像の 眼窠にたまり ゐし影の よみがへりつつ まどろまむとす
セキゾウノ ガンカニタマリ ヰシカゲノ ヨミガヘリツツ マドロマムトス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.76


01120
橋灯の ほとりに立ちて 待つ時間 かのときめきは 還ることなし
キョウトウノ ホトリニタチテ マツジカン カノトキメキハ カエルコトナシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.76
【初出】 『形成』 1964.12 「無題」 (6)


01121
地を這へる 巻尺のくねる 時ありて 絆は深し 街を行く日も
チヲハヘル マキジャクノクネル トキアリテ キズナハフカシ マチヲユクヒモ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.76
【初出】 『短歌研究』 1965.5 海の記憶 (3)


01122
河原に あされる鷺ら 足枷を 不意に解かれし やうに飛び立つ
カハハラニ アサレルサギラ アシカセヲ フイニトカレシ ヤウニトビタツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.77


01123
銀糸もて 下絵埋めゆく 刺繍より 遅々としてわが 日々の糊塗あり
ギンシモテ シタエウメユク シシュウヨリ チチトシテワガ ヒビノコトアリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.77


01124
乾し草を サイロに貯めて 待つほどの 充足もなく 冬は来向ふ
ホシクサヲ サイロニタメテ マツホドノ ジュウソクモナク フユハキムカフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.77
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (20)