さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
重心が         きりのなき       森を抜けて       花栗の         
妹に          夜の駅の        生け垣を        とめどなく       
 
 
 

01092
重心が 迫り上げられて 苦しきに 間をおかず来る 製材の音
ジュウシンガ セリアゲラレテ クルシキニ マヲオカズクル セイザイノオト

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.66
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (15)


01093
きりのなき 仕事区切りて 中心が くぼむ朱肉も 机にしまふ
キリノナキ シゴトクギリテ チュウシンガ クボムシュニクモ ツクエニシマフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.66
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (16)


01094
森を抜けて のがるるごとく 帰りしが 眼裏に白き 一枚の沼
モリヲヌケテ ノガルルゴトク カエリシガ マナウラニシロキ イチマイノヌマ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.67
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (17)


01095
花栗の 香の吹き溜まる ゆふまぐれ 埴輪の巫女の くちびる動く
ハナグリノ カノフキタマル ユフマグレ ハニワノミコノ クチビルウゴク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.67
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (18)


01096
妹に 弾かせむワルツ 選びをり わかち得る幸 なほある如く
イモウトニ ヒカセムワルツ エラビヲリ ワカチウルサチ ナホアルゴトク

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.67


01097
夜の駅の 伝言板に 溢れゐる 文字声なして 響むことあり
ヨノエキノ デンゴンバンニ アフレヰル モジコエナシテ トヨムコトアリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.68
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (19)


01098
生け垣を 透かして歩む われの影 引き裂かれたき 心が還る
イケガキヲ スカシテアユム ワレノカゲ ヒキサカレタキ ココロガカエル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.68
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (29)


01099
とめどなく 降る売子木の花 見つつゐて 芯の重みに 堪へ得よわれは
トメドナク フルエゴノハナ ミツツヰテ シンノオモミニ タヘエヨワレハ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.68
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (30)