さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
どくだみの       手を引かれ       どよめく        醒めてより       
たどきなき       スリッパの       一瞬の         クレパスの       
 
 
 

01084
どくだみの 花夜々土に 咲きみちて 雨降れば音に まぎれて眠る
ドクダミノ ハナヨヨツチニ サキミチテ アメフレバオトニ マギレテネムル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.63
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (1)


01085
手を引かれ のがれし記憶 はろけきに 矩形に水を 溜めゐし球技場
テヲヒカレ ノガレシキオク ハロケキニ クケイニミズヲ タメヰシコート

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.63
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (2)


01086
どよめく 群衆のなか 一本の 旗とわれはなりて ゆさぶられゐつ
ドヨメク グンシュウノナカ イッポンノ ハタトワレハナリテ ユサブラレヰツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.64
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (3)


01087
醒めてより 計れば速し 流体と なりてほろびし までの時間
サメテヨリ ハカレバハヤシ リュウタイト ナリテホロビシ マデノトキノマ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.64
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (4)


01088
たどきなき 闇と思ひつ 手探りに 切符を捜す 鞄の底も
タドキナキ ヤミトオモヒツ テサグリニ キップヲサガス カバンノソコモ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.64
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (7)


01089
スリッパの ちらばる廊下 抜け来しが 訴人の貌は みづからも持つ
スリッパノ チラバルロウカ ヌケコシガ ソニンノカオハ ミヅカラモモツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.65
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (6)


01090
一瞬の こころ騒ぎつ 口もとを 直す鏡の 反射が飛べば
イッシュンノ ココロサワギツ クチモトヲ ナオスカガミノ ハンシャガトベバ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.65
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (11)


01091
クレパスの 黒のみ減らし ゑがくごと あやつる語彙の 偏りやすし
クレパスノ クロノミヘラシ ヱガクゴト アヤツルゴイノ カタヨリヤスシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.65
【初出】 『律』 1962.6 訴人の貌 (12)