さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
焦臭き         袖口の         蛾の形         晩年の         
ベーコンの       ビルの影と       リヤカーを       投槍の         
ふたたびの       ふつふつと       あたたかき       夜の水は        
夜の空に        安らかな        
 
 
 

01070
焦臭き 髪かと不意に 思ほへて 首振りて見つ 夜風の中に
キナクサキ カミカトフイニ オモホヘテ クビフリテミツ ヨカゼノナカニ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.58
【初出】 『形成』 1962.10 路上抄 (3)


01071
袖口の 毛糸のほつれ 見しことも 別れ来し夜の かなしみを呼ぶ
ソデグチノ ケイトノホツレ ミシコトモ ワカレコシヨノ カナシミヲヨブ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.58
【初出】 『形成』 1962.7 移る日々 (8)


01072
蛾の形 たたみて壁に 貼りつける 周囲幾夜も 塗りそびれゐる
ガノカタチ タタミテカベニ ハリツケル シュウイイクヨモ ヌリソビレヰル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.59
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (11)


01073
晩年の 父母に及びて ありふれし 名を持つことも 慰めあへり
バンネンノ フボニオヨビテ アリフレシ ナヲモツコトモ ナグサメアヘリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.59
【初出】 『形成』 1962.6 瑣事 (3)


01074
ベーコンの 脂肪層を薄く 削ぐ機械 体削がるる やうに見てゐつ
ベーコンノ シボウソウヲウスク ソグキカイ カラダソガルル ヤウニミテヰツ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.59
【初出】 『形成』 1962.6 瑣事 (7)


01075
ビルの影と なりし広場を 人よぎり 救急箱の 白きを運ぶ
ビルノカゲト ナリシヒロバヲ ヒトヨギリ キュウキュウバコノ シロキヲハコブ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.60
【初出】 『形成』 1962.2 冬の傷あと (5)


01076
リヤカーを 呼びとめたれば 少年は 地に筆算して 柿売りゆけり
リヤカーヲ ヨビトメタレバ ショウネンハ チニヒッサンシテ カキウリユケリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.60
【初出】 『形成』 1962.2 冬の傷あと (3)


01077
投槍の 打ち込まれたる 地表より 見えぬ亀裂は 八方に散る
ジヤベリンノ ウチコマレタル チヒョウヨリ ミエヌキレツハ ハッポウニチル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.60
【初出】 『形成』 1962.6 瑣事 (6)


01078
ふたたびの 忌の夜に恋へば 耳鳴りの 薬など点して 堪へゐたる母
フタタビノ キノヨニコヘバ ミミナリノ クスリナドサシテ タヘヰタルハハ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.61
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (10)


01079
ふつふつと 酵く木の実酒 亡き母が 残しゆきたる もの限りなし
フツフツト ワクコノミザケ ナキハハガ ノコシユキタル モノカギリナシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.61
【初出】 『形成』 1962.7 移る日々 (1)


01080
あたたかき 計らひのごと 月さして 耳裂かれ来し 犬を歩ます
アタタカキ ハカラヒノゴト ツキサシテ ミミサカレコシ イヌヲアユマス

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.61
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (18)


01081
夜の水は 土手の切れめに 光りゐて 未詳の箇所を 嘗て怖れき
ヨノミズハ ドテノキレメニ ヒカリヰテ ミショウノカショヲ カツテオソレキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.62


01082
夜の空に 雲の亀裂を ちりばめて 明るき月は いづこを渡る
ヨノソラニ クモノキレツヲ チリバメテ アカルキツキハ イヅコヲワタル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.62
【初出】 『形成』 1963.6 残冬抄 (2)


01083
安らかな 眠りはあれよ 持てる田の 輪郭に稲架を 掛けめぐらして
ヤスラカナ ネムリハアレヨ モテルタノ リンカクニハサヲ カケメグラシテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.62
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (19)