さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
装ほへる        かすかなる       切り株に        耳たぶの        
芝焼きし        立体を         みづからの       重き髷         
菊石の         指先の         拭ひ切れぬ       
 
 
 

01040
装ほへる よろこび淡く 雨傘の 輪をずらしつつ 従ひゆきぬ
ヨソホヘル ヨロコビアハク カウモリノ ワヲズラシツツ シタガヒユキヌ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.47
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (4)


01041
かすかなる 時報互に 聴きわけて 遅速異なる 時間持ちあふ
カスカナル ジホウカタミニ キキワケテ チソクコトナル ジカンモチアフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.47
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (1)


01042
切り株に つまづきたれば くらがりに 無数の耳の ごとき木の葉ら
キリカブニ ツマヅキタレバ クラガリニ ムスウノミミノ ゴトキコノハラ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.48
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (2)


01043
耳たぶの 小さき黒子を 禍根とし 朝々われは 髪もて覆ふ
ミミタブノ チイサキホクロヲ カコントシ アサアサワレハ カミモテオオフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.48
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (3)


01044
芝焼きし 痕のまだらに 注ぐ雨 囮の雌も 鎮めて待たむ
シバヤキシ アトノマダラニ ソソグアメ ヲトリノメスモ シズメテマタム

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.48
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (5)


01045
立体を 取り戻しゆく 夜の心 くるめくやうな ワルツを弾きて
リッタイヲ トリモドシユク ヨノココロ クルメクヤウナ ワルツヲヒキテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.49
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (6)


01046
みづからの 呼び醒ましたる 潮ざゐに ゆれ出す壁画の 中の破船も
ミヅカラノ ヨビサマシタル シオザヰニ ユレダスヘキガノ ナカノハセンモ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.49
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (7)


01047
重き髷 のせゐて耳の なき埴輪 耳鳴りは不意に われに来襲ふ
オモキマゲ ノセヰテミミノ ナキハニワ ミミナリハフイニ ワレニキオソフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.49
【初出】 『短歌研究』 1962.1 冬心 (5)


01048
菊石の おのおのが持つ 輪郭を 踏みつつぼけて ゆく指点あり
キクイシノ オノオノガモツ リンカクヲ フミツツボケテ ユクシテンアリ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.50
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (12)


01049
指先の 繃帯うすく よごれゐて 午後の会話の 次第に疎し
ユビサキノ ホウタイウスク ヨゴレヰテ ゴゴノカイワノ シダイニウトシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.50
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (13)


01050
拭ひ切れぬ ガラスの曇り わが持てる 歪みも触れて 痛まずなりぬ
ヌグヒキレヌ ガラスノクモリ ワガモテル ヒズミモフレテ イタマズナリヌ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.50
【初出】 『短歌研究』 1972.8 無数の耳 (11)