さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

無数の耳

 
一夏に         気折れせる       遺されし        措葉いろに       
現像も         つなぎ得ぬ       野の起伏        木耳を         
 
 
 

00956
一夏に 荒らせる庭と めぐりつつ 野芥子の穂わた 吹けば飛びかふ
ヒトナツニ アラセルニハト メグリツツ ノゲシノホワタ フケバトビカフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.14
【初出】 『短歌』 1960.12 西域の壺 (13)


00957
気折れせる 夜々に思へば 念力の ごときを持ちて 生終へし母
キオレセル ヨヨニオモヘバ ネンリキノ ゴトキヲモチテ シヤウオヘシハハ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.14
【初出】 『短歌』 1960.12 西域の壺 (14)


00958
遺されし 香嚢の香の うすれゆき 如何に漂ふ 未来と思ふ
ノコサレシ コウノウノカノ ウスレユキ イカニタダヨフ ミライトオモフ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.15
【初出】 『短歌』 1960.12 西域の壺 (15)


00959
措葉いろに 森は暮れつつ 沼尻に 水のこだまの 光るをりふし
オシバイロニ モリハクレツツ ヌマジリニ ミズノコダマノ ヒカルヲリフシ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.15
【初出】 『短歌』 1960.12 西域の壺 (5)


00960
現像も せぬままに古りし フイルム出づ いくばくわれの 過去を封じて
ゲンゾウモ セヌママニフリシ フイルムイヅ イクバクワレノ カコヲフウジテ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.15
【初出】 『短歌研究』 1960.11 無証の夜 (9)


00961
つなぎ得ぬ 断片として 持つ記憶 夢にしてあらぬ 順につながる
ツナギエヌ ダンペントシテ モツキオク ユメニシテアラヌ ジュンニツナガル

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.16
【初出】 『形成』 1961.1 初冬抄 (4)


00962
野の起伏 川の名なども はろけきに 燦爛と過ぎし 一夏ありき
ノノキフク カワノナナドモ ハロケキニ サンラントスギシ ヒトナツアリキ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.16
【初出】 『短歌』 1960.12 西域の壺 (24)


00963
木耳を 剥ぎゆく魔物 見し日より 日毎に烈し 林の落ち葉
キクラゲヲ ハギユクマモノ ミシヒヨリ ヒゴトニハゲシ ハヤシノオチバ

『無数の耳』(短歌研究社 1966) p.16
【初出】 『短歌研究』 1960.11 無証の夜 (12)