さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
シグナルに       人のさす        鉢の外に        切実に         
中年の         海風に         激しゆく        如何ならむ       
 
 
 

00923
シグナルに 幾たび夜の 靄きざし つひに聴き得ぬ 語彙かも知れず
シグナルニ イクタビヨルノ モヤキザシ ツヒニキキエヌ ゴイカモシレズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.178


00924
人のさす 黒の蝙蝠傘 大きくて 匿まはれゆく 錯覚あまし
ヒトノサス クロノカウモリ オオキクテ カクマハレユク サッカクアマシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.178
【初出】 『形成』 1960.10 香華 (3)


00925
鉢の外に 魚のはみ出し ゐる童画 はみ出て赤き 尾鰭がそよぐ
ハチノソトニ ウオノハミダシ ヰルドウガ ハミデテアカキ オヒレガソヨグ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.179
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (21)


00926
切実に わが名呼ばれし 思ひしつ 幾日経て夜の 潮騒のなか
セツジツニ ワガナヨバレシ オモヒシツ イクヒヘテヨノ シオサイノナカ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.179
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (12)


00927
中年の 知恵強ひられて ゆく日々か 流木を洗ひ ながき上げ潮
チュウネンノ チエシヒラレテ ユクヒビカ リュウボクヲアラヒ ナガキアゲシオ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.179
【初出】 『形成』 1960.10 香華 (4)


00928
海風に 余韻奪はれ つつ質し 合ひし言葉も 過ぎて還らず
ウミカゼニ ヨインウバハレ ツツタダシ アヒシコトバモ スギテカエラズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.180
【初出】 『形成』 1960.10 香華 (2)


00929
激しゆく 相手をなだめ ゐる気配 旅の夜更けの 幻聴に似て
ゲキシユク アイテヲナダメ ヰルケハイ タビノヨフケノ ゲンチョウニニテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.180
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (10)


00930
如何ならむ 反証も今は 待ちゐぬに 耳澄ますごとき 夜のをりふし
イカナラム ハンショウモイマハ マチヰヌニ ミミスマスゴトキ ヨルノヲリフシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.180
【初出】 『形成』 1959.12 秋深む日々 (5)