さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
風のなかに       駅を出でて       釈明を         杭を打ち        
流れつつ        ほの白く        有機物の        降り出でて       
塗りつぶし       落体と         突き落とす       
 
 
 

00888
風のなかに 身を反らしあふ 冬の木々 けぢめなく待つ 時間流れて
カゼノナカニ ミヲソラシアフ フユノキギ ケヂメナクマツ ジカンナガレテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.164
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (1)


00889
駅を出でて 枯れ野の口に 懸かる橋 バスを渡して より渡りゆく
エキヲイデテ カレノノクチニ カカルハシ バスヲワタシテ ヨリワタリユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.164
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (3)


00890
釈明を 下待つわれも 寂しきに 落ち葉は深し 轍うづめて
シャクメイヲ シタマツワレモ サビシキニ オチバハフカシ ワダチウヅメテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.165
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (19)


00891
杭を打ち ゐたる人らも 去りゆけば 野になづさひて 草火の煙
クイヲウチ ヰタルヒトラモ サリユケバ ノニナヅサヒテ クサビノケムリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.165
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (14)


00892
流れつつ 向きを変へゆく 芥見つ 箴言などに 拘る日にて
ナガレツツ ムキヲカヘユク アクタミツ シンゲンナドニ コダハルヒニテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.165
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (4)


00893
ほの白く 鶏舎に残りて ゐし一羽 思ひ倦みたる ごとくはばたく
ホノジロク トヤニノコリテ ヰシイチワ オモヒウミタル ゴトクハバタク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.166
【初出】 『形成』 1958.9 夏日 (1)


00894
有機物の 燃ゆる臭ひと 思ひゐて 肩へ集まり くる疲れあり
ユウキブツノ モユルニオヒト オモヒヰテ カタヘアツマリ クルツカレアリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.166
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (17)


00895
降り出でて 石の粗面を 濡らす雨 人も蹤きゆく 犬もしづけし
フリイデテ イシノソメンヲ ヌラスアメ ヒトモツキユク イヌモシヅケシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.166
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (6)


00896
塗りつぶし ゐる夜の時間 風疼く 雑木林を 背後に置きて
ヌリツブシ ヰルヨノジカン カゼウヅク ゾウキバヤシヲ ソビラニオキテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.167
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (9)


00897
落体と なりゆくわが身 思ふまで 壁に吊られて ゆがめるコート
ラクタイト ナリユクワガミ オモフマデ カベニツラレテ ユガメルコート

『不文の掟』(四季書房 1960) p.167
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (12)


00898
突き落とす 刹那に醒めし 夢のあと 色無き雲の 流れてやまず
ツキオトス セツナニサメシ ユメノアト イロナキクモノ ナガレテヤマズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.167
【初出】 『短歌』 1960.3 冬の言葉 (22)