さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
朝焼けの        逸れ矢など       流亡の         うろくづの       
わかちもつ       ふり向かせ       遺作の         地の闇を        
闇と闇を        風のごと        衿ぐりの        
 
 
 

00837
朝焼けの 美しき日々 フレームに 匂菫の 咲きたまりゆく
アサヤケノ ウツクシキヒビ フレームニ ニホヒスミレノ サキタマリユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.145
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (1)


00838
逸れ矢など 飛びては来ずや 葦の間を 縫ひて汀へ 帰るヨットに
ソレヤナド トビテハコズヤ アシノマヲ ヌヒテミギハヘ カエルヨットニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.145
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (2)


00839
流亡の 相と言はれし 中指の 渦紋も夏の 手袋に秘む
リュウボウノ ソウトイハレシ ナカユビノ ウズモンモナツノ テブクロニヒム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.146
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (8)


00840
うろくづの 跳ぬる音より ひそかにて 隕石水に 墜つる夜あらむ
ウロクヅノ ハヌルオトヨリ ヒソカニテ インセキミズニ オツルヨアラム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.146
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (3)


00841
わかちもつ 密計もなくて 歩みつつ 一人は石を 湖の面に抛ぐ
ワカチモツ ミツケイモナクテ アユミツツ ヒトリハイシヲ ウミノモニナグ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.146
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (10)


00842
ふり向かせ たくて口笛 鳴らせしか 地上のなべて むなしき刻に
フリムカセ タクテクチブエ ナラセシカ チジョウノナベテ ムナシキトキニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.147
【初出】 『形成』 1958.2 冬木 (2)


00843
遺作の 自画像かかる アトリエに 今日はたれかゐて あかりを点す
イサクノ ジガゾウカカル アトリエニ キョウハタレカヰテ アカリヲトモス

『不文の掟』(四季書房 1960) p.147
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (6)


00844
地の闇を まとひて立てる 石像の うなじに届く あはき灯影は
チノヤミヲ マトヒテタテル セキゾウノ ウナジニトドク アハキホカゲハ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.147
【初出】 『形成』 1958.9 夏日 (3)


00845
闇と闇を つなぎてひらく 門ありき 寂しみて夜の 大橋渡る
ヤミトヤミヲ ツナギテヒラク モンアリキ サビシミテヨノ オオハシワタル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.148
【初出】 『形成』 1958.5 春信 (6)


00846
風のごと 貨車過ぎゆきし 野のかなた くらき木立も 星かげまとふ
カゼノゴト カシャスギユキシ ノノカナタ クラキコダチモ ホシカゲマトフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.148
【初出】 『短歌』 1958.7 夢うら (1)


00847
衿ぐりの 深きさみしさ 旅の夜に 失ひしブローチの ゆゑのみならぬ
エリグリノ フカキサミシサ タビノヨノ ウシナヒシブローチノ ユヱノミナラヌ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.148
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (6)