さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
過たむ         電話待つ        かさなれる       傾ける         
年月の         沢潟の         使ひ得ぬ        遠巻きに        
 
 
 

00829
過たむ 予感鎮めて 花咲ける 満天星の垣を 出づる朝々
アヤマタム ヨカンシズメテ ハナサケル ドウダンノカキヲ イヅルアサアサ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.142
【初出】 『形成』 1959.7 すぎゆく日々 (1)


00830
電話待つ 窓より虹の 立つ見えて 街のいづくに ゐる人ならむ
デンワマツ マドヨリニジノ タツミエテ マチノイヅクニ ヰルヒトナラム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.142
【初出】 『形成』 1957.12 危惧 (5)


00831
かさなれる 影またおもむろに 遠ざけて 夕陽に早苗 植ゑ合ふを見つ
カサナレル カゲマタオモムロニ トオザケテ ユウヒニサナヘ ウヱアフヲミツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.143
【初出】 『形成』 1959.7 すぎゆく日々 (2)


00832
傾ける 土橋を日々に 草覆ふ 人間のなす たくらみに似て
カタムケル ドバシヲヒビニ クサオオフ ニンゲンノナス タクラミニニテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.143
【初出】 『形成』 1959.7 すぎゆく日々 (6)


00833
年月の 模索のさまを あばくごと 掘り返されて ゆく木の根見つ
トシツキノ モサクノサマヲ アバクゴト ホリカエサレテ ユクキノネミツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.143
【初出】 『形成』 1958.2 冬木 (3)


00834
沢潟の 水漬きつつ咲く 日々の果て 離合のことも 肯はむとす
オモダカノ ミヅキツツサク ヒビノハテ リゴウノコトモ ウベナハムトス

『不文の掟』(四季書房 1960) p.144
【初出】 『形成』 1959.7 すぎゆく日々 (4)


00835
使ひ得ぬ 語彙のみ思ひ 浮かぶ日よ 出で来て梅の 落ち実を拾ふ
ツカヒエヌ ゴイノミオモヒ ウカブヒヨ イデキテウメノ オチミヲヒロフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.144
【初出】 『形成』 1959.8 雨のあと (1)


00836
遠巻きに されつつ何を しゐたらむ 竦む思ひは 目ざめて続く
トオマキニ サレツツナニヲ シヰタラム スクムオモヒハ メザメテツヅク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.144
【初出】 『短歌研究』 1959.4 占象 (9)