さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
ジギタリス       遺されし        菜の花に        乱心を         
ひといろに       嚢み置く        完計に         靄厚き         
波瀾呼ぶ        わが合図        
 
 
 

00819
ジギタリス 交錯し立つ 夜の庭 闇をふかめて 誰か人ゐる
ジギタリス コウサクシタツ ヨルノニワ ヤミヲフカメテ タレカヒトヰル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.138
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (1)


00820
遺されし 塑像が招く 追憶に 故意にはぐれて 逢はぬ夜ありき
ノコサレシ ソゾウガマネク ツイオクニ コイニハグレテ アハヌヨアリキ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.138
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (2)


00821
菜の花に 鳥ひそみ啼く 日なりしを へだてて今も 疎水の聲す
ナノハナニ トリヒソミナク ヒナリシヲ ヘダテテイマモ ソスイノコエス

『不文の掟』(四季書房 1960) p.139
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (3)


00822
乱心を 装ほふ罪も をかし得ず 過ぎてさびしき 執念のあと
ランシンヲ ヨソホフツミモ ヲカシエズ スギテサビシキ シュウネンノアト

『不文の掟』(四季書房 1960) p.139
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (4)


00823
ひといろに 昏れて影なす 苧環の 花踏みわけて 遁れ得べしや
ヒトイロニ クレテカゲナス ヲダマキノ ハナフミワケテ ノガレウベシヤ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.139
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (5)


00824
嚢み置く ことも激しき 消耗と 夜更けのプール サイド過ぎゆく
ツツミオク コトモハゲシキ ショウモウト ヨフケテプール サイドスギユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.140
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (6)


00825
完計に 近づく時間 妨げて ローマ字たどる 少年のこゑ
カンケイニ チカヅクジカン サマタゲテ ローマジタドル ショウネンノコヱ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.140
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (7)


00826
靄厚き 夜となりゐたり 朱筆を 洗ひたる水 捨てに出づれば
モヤアツキ ヨトナリヰタリ シュフデヲ アラヒタルミズ ステニイヅレバ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.140
【初出】 『形成』 1959.11 秋近く (1)


00827
波瀾呼ぶ たくらみにみづから 溺れゆき 見えぬプールに 水音うごく
ハランヨブ タクラミニミヅカラ オボレユキ ミエヌプールニ ミズオトウゴク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.141
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (8)


00828
わが合図 待ちて従ひ 来し魔女と 落ちあふくらき 遮断機の前
ワガアイズ マチテシタガヒ コシマジョト オチアフクラキ シャダンキノマエ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.141
【初出】 『短歌』 1959.11 夜色 (9)