さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
落ちてゆく       塑像にて        石蕗の葉の       空席の         
失ひし         目に見えず       遠景に         推し量り        
如何ならむ       水滴を         
 
 
 

00793
落ちてゆく 眠りのなかに まざまざと 見えて昇れぬ 楷梯を持つ
オチテユク ネムリノナカニ マザマザト ミエテノボレヌ キザハシヲモツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.128
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (7)


00794
塑像にて しづかに双手 あげゐたり 雨に八つ手の 花のけぶらふ
ソゾウニテ シヅカニモロテ アゲヰタリ アメニヤツデノ ハナノケブラフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.128
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (15)


00795
石蕗の葉の 光れる夜の 道狭め あやしみ合ひて すれ違ひたる
ツハノハノ ヒカレルヨルノ ミチセバメ アヤシミアヒテ スレチガヒタル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.129
【初出】 『短歌』 1958.3 夜陰のおと (18)


00796
空席の 一つをめぐる 確執に 遠くしてわが 書庫のあけくれ
クウセキノ ヒトツヲメグル カクシツニ トオクシテワガ ショコノアケクレ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.129
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (14)


00797
失ひし 版図を憶ふ ごとくゐて 草なびくとき 尾根光る見ゆ
ウシナヒシ ハンズヲオモフ ゴトクヰテ クサナビクトキ オネヒカルミユ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.129
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (2)


00798
目に見えず 何よぎるとも 知れぬ空 仰ぎつつ無告の 一人かわれも
メニミエズ ナニヨギルトモ シレヌソラ アオギツツムコクノ ヒトリカワレモ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.130
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (1)


00799
遠景に 藁家のありて 灯ともれり ふと人の出でて 何か捨てたる
エンケイニ ワラヤノアリテ ヒトモレリ フトヒトノイデテ ナニカステタル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.130
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (16)


00800
推し量り 思ふ自在を 寂しめり 生きておはせし 日より続きて
オシハカリ オモフジザイヲ サビシメリ イキテオハセシ ヒヨリツヅキテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.130
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (6)


00801
如何ならむ 日にか描きし ボンネットの 少女像遺作の なかに混れり
イカナラム ヒニカエガキシ ボンネットノ ショウジョゾウイサクノ ナカニマジレリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.131
【初出】 『形成』 1958.11 秋意 (2)


00802
水滴を 光らせて牛を 洗ふさま 橋渡り来て 遠し故郷も
スイテキヲ ヒカラセテウシヲ アラフサマ ハシワタリキテ トオシコキョウモ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.131
【初出】 『形成』 1959.1 初冬のころ (1)