さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
幾つもの        どうにでも       出で来ては       迂闊にて        
音程を         草蔽ふ         対岸の         フルートを       
まとまりを       環礁に         折り鶴の        
 
 
 

00782
幾つもの 印章を 委ねられて 持つことなどに 支えられゐる日あり
イクツモノ インショウヲ ユダネラレテ モツコトナドニ ササエラレヰルヒアリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.123
【初出】 『形成』 1959.12 秋深む日々 (1)


00783
どうにでも とれる言葉に じれてゆく 組織持たざる 複数として
ドウニデモ トレルコトバニ ジレテユク ソシキモタザル フクスウトシテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.123
【初出】 『形成』 1959.4 早春 (4)


00784
出で来ては 脅やかすもの キャップ無き 万年筆はた 注射筒など
イデキテハ オビヤカスモノ キャップナキ マンネンヒツハタ チュウシャトウナド

『不文の掟』(四季書房 1960) p.124
【初出】 『形成』 1959.8 雨のあと (6)


00785
迂闊にて 把手に指紋を 残せしと 悔いゐき何を 犯せる夢ぞ
ウカツニテ ノブニシモンヲ ノコセシト クイヰキナニヲ オカセルユメゾ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.124
【初出】 『形成』 1959.12 秋深む日々 (6)


00786
音程を はづせしままに 弾きつげる 絃とも重き 年月流る
オンテイヲ ハヅセシママニ ヒキツゲル ゲントモオモキ トシツキナガル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.124
【初出】 『形成』 1960.1 霜月抄 (6)


00787
草蔽ふ 水路に添ひて 歩みしが 聴きのがしたる 言葉は無きや
クサオオフ スイロニソヒテ アユミシガ キキノガシタル コトバハナキヤ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.125


00788
対岸の 楢の林に 陽のさして 間なく落ち葉の 降る見つつ過ぐ
タイガンノ ナラノハヤシニ ヒノサシテ マナクオチバノ フルミツツスグ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.125
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (4)


00789
フルートを 習ひゐることも 書きそへて 洛北の秋を 告げ来し便り
フルートヲ ナラヒヰルコトモ カキソヘテ ラクホクノアキヲ ツゲコシタヨリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.125


00790
まとまりを 取り戻しゆく 夜の心 検温の手を あたためてゐて
マトマリヲ トリモドシユク ヨノココロ ケンオンノテヲ アタタメテヰテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.126
【初出】 『形成』 1960.3 残冬抄 (7)


00791
環礁に 湛ふる水を 恋ひゐしが なまあたたかき 睡りは襲ふ
カンショウニ タフルミズヲ コヒヰシガ ナマアタタカキ ネムリハオソフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.126
【初出】 『形成』 1960.6 矢車の空 (6)


00792
折り鶴の 尾羽触れあへる 音に醒めて いづべをわれは 翔りゐたらむ
オリヅルノ ヲハフレアヘル ネニサメテ イヅベヲワレハ カケリヰタラム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.126