さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
菜種蒔き        スレートを       手順よく        バスを待つ       
妹の          さまよへる       福分けと        母のみが        
 
 
 

00774
菜種蒔き 麦蒔き峡の 日々晴れて しづけく冬を 待つ一部落
ナタネマキ ムギマキカヒノ ヒビハレテ シヅケクフユヲ マツイチブラク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.120
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (5)


00775
スレートを 貨車よりおろす 工夫らの たのしむ如し 弾みをつけて
スレートヲ カシャヨリオロス コウフラノ タノシムゴトシ ハズミヲツケテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.120
【初出】 『形成』 1959.4 早春 (5)


00776
手順よく 倒されてゆく 大樹見つ とみに誇張を 避くる思ひに
テジュンヨク タオサレテユク タイジュミツ トミニコチョウヲ サクルオモヒニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.121
【初出】 『短歌研究』 1959.4 占象 (3)


00777
バスを待つ 日溜りの椅子に 毛糸編めり 唖の少女の 中なるひとり
バスヲマツ ヒダマリノイスニ ケイトアメリ オシノショウジョノ ナカナルヒトリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.121
【初出】 『形成』 1958.2 冬木 (5)


00778
妹の 炊ぐ飯匂ひ くる夕べ 柚子もぎにゆける 母も帰らむ
イモウトノ カシグイヒニオヒ クルユウベ ユズモギニユケル ハハモカエラム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.121
【初出】 『形成』 1956.3 冬草 (1)


00779
さまよへる 心をしばし 跼まりて 見れば松笠に 点る火のいろ
サマヨヘル ココロヲシバシ クグマリテ ミレバチヂリニ トモルヒノイロ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.122
【初出】 『形成』 1960.3 残冬抄 (4)


00780
福分けと 言ひつつ干菓子 割り呉るる 優しき母の 挙措と思ひつ
フクワケト イヒツツヒガシ ワリクルル ヤサシキハハノ キョソトオモヒツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.122
【初出】 『形成』 1958.7 夜景 (5)


00781
母のみが 知りてたのしむ 朝々に 庭にゐるとふ 小雀のつがひ
ハハノミガ シリテタノシム アサアサニ ニワニヰルトフ コガラノツガヒ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.122
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (10)