さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
仔馬らを        みづうみの       枯れ野より       行事繁き        
空き家と        いつの日に       編みさしの       溶けがたき       
 
 
 

00766
仔馬らを 集めて人の 去りゆけり 霧らひゐて野は 昏れやすからむ
コウマラヲ アツメテヒトノ サリユケリ キラヒヰテノハ クレヤスカラム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.117
【初出】 『形成』 1958.7 夜景 (1)


00767
みづうみの 水晦みつつ 対岸は 黄玉いろに そよぐ枯れ原
ミヅウミノ ミズクラミツツ タイガンハ トパーズイロニ ソヨグカレハラ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.117
【初出】 『形成』 1958.5 春信 (3)


00768
枯れ野より 枯れ野へ渡る 土橋ゆゑ 水の澄めるを 誰も見ざらむ
カレノヨリ カレノヘワタル ドバシユヱ ミズノスメルヲ タレモミザラム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.118
【初出】 『形成』 1959.1 初冬のころ (4)


00769
行事繁き 季節も過ぎむ 落ち柿の 腐つ匂ひを 夜毎に嗅ぎて
ギョウジシゲキ キセツモスギム オチガキノ クダツニオヒヲ ヨゴトニカギテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.118
【初出】 『形成』 1959.1 初冬のころ (3)


00770
空き家と なりてひひらぎ 咲きゐしが 委しく知らむ ことを願はず
アキイエト ナリテヒヒラギ サキヰシガ クハシクシラム コトヲネガハズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.118
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (18)


00771
いつの日に つかむ勝負か 惑ひつつ 書く文字罫を 越ゆることなし
イツノヒニ ツカムショウブカ マドヒツツ カクモジケイヲ コユルコトナシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.119
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (3)


00772
編みさしの まま夏を越せし セーターも 肩冷ゆる夜の かなしみ誘ふ
アミサシノ ママナツヲコセシ セーターモ カタヒユルヨノ カナシミサソフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.119
【初出】 『形成』 1960.1 霜月抄 (3)


00773
溶けがたき 硼砂をグラスに 透かしつつ 指紋憚る 罪にもうとし
トケガタキ ホウシャヲグラスニ スカシツツ シモンハバカル ツミニモウトシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.119
【初出】 『形成』 1958.6 灯かげ (2)