さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
皮相のみ        仕事にて        着くづれを       名も告げず       
句読点         憤然と         身に課する       たはやすく       
 
 
 

00742
皮相のみ 追ふごとくして わが中に 活字にし得ぬ 記事溜りゆく
ヒソウノミ オフゴトクシテ ワガナカニ カツジニシエヌ キジタマリユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.108
【初出】 『形成』 1958.10 葉月 (4)


00743
仕事にて 明日は会ふべき 幾人に かきまはされて この夜のこころ
シゴトニテ アスハアフベキ イクタリニ カキマハサレテ コノヨノココロ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.108
【初出】 『形成』 1958.11 秋意 (6)


00744
着くづれを 直して戻り 来し椅子の なぞへにたれの 耳環か光る
キクヅレヲ ナオシテモドリ コシイスノ ナゾヘニタレノ ミミワカヒカル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.109
【初出】 『形成』 1958.6 灯かげ (3)


00745
名も告げず 切られしといふ 留守のまの 電話解き得ぬ 謎となし置く
ナモツゲズ キラレシトイフ ルスノマノ デンワトキエヌ ナゾトナシオク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.109
【初出】 『形成』 1958.10 葉月 (1)


00746
句読点 うちあぐみつつ 書く書類 午後は耳のみ 敏くなりゐて
クトウテン ウチアグミツツ カクショルイ ゴゴハミミノミ サトクナリヰテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.109
【初出】 『形成』 1958.12 季秋 (2)


00747
憤然と 座を立つ友を 見送れり 誤れるとも いさぎよきかな
フンゼント ザヲタツトモヲ ミオクレリ アヤマレルトモ イサギヨキカナ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.110
【初出】 『形成』 1956.6 季春 (11)


00748
身に課する 禁句の幾つ 事務服を 脱ぐ夕べにて かなしみ深し
ミニカスル キンクノイクツ ジムフクヲ ヌグユウベニテ カナシミフカシ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.110
【初出】 『短歌』 1958.3 夜陰のおと (15)


00749
たはやすく 凪がむこころと 思はねど 帰り来てエリカの 花匂ふ部屋
タハヤスク ナガムココロト オモハネド カエリキテエリカノ ハナニオフヘヤ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.110
【初出】 『短歌』 1958.3 夜陰のおと (20)