さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
裏通りを        よりどなき       おのづから       かたはらの       
なづみ易き       夜霧の底を       内深き         更けてより       
 
 
 

00734
裏通りを ひろひて歩む ごとき身と 静かなる日に 倦むことのあり
ウラドオリヲ ヒロヒテアユム ゴトキミト シズカナルヒニ ウムコトノアリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.105
【初出】 『形成』 1956.11 豫後 (9)


00735
よりどなき 午後となりつつ かたはらの 棚は帳簿の 重みに撓ふ
ヨリドナキ ゴゴトナリツツ カタハラノ タナハチョウボノ オモミニシナフ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.105
【初出】 『形成』 1958.5 春信 (5)


00736
おのづから 草ある方へ 移ろふと 絵のなかの羊の 群れを追ひゆく
オノヅカラ クサアルカタヘ ウツロフト エノナカノヒツジノ ムレヲオヒユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.106
【初出】 『短歌』 1958.3 夜陰のおと (6)


00737
かたはらの 鏡ふたたび 振り向かず ものを嚙むとき 顳顬うごく
カタハラノ カガミフタタビ フリムカズ モノヲカムトキ コメカミウゴク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.106
【初出】 『形成』 1957.3 冬土 (6)


00738
なづみ易き 夕べよかへり 見る波止場 アリゾナ号にも 灯はともりたり
ナヅミヤスキ ユウベヨカヘリ ミルハトバ アリゾナゴウニモ ヒハトモリタリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.106
【初出】 『形成』 1957.3 冬土 (7)


00739
夜霧の底を 歩みつつゐて 何の花か われを虐む 香と思ひたり
ヨギリノソコヲ アユミツツヰテ ナンノハナカ ワレヲサイナム カトオモヒタリ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.107
【初出】 『形成』 1957.10 秋近く (7)


00740
内深き 磨耗のわれに いつ熄まむ 風穴遠く 夜もすがら鳴る
ウチフカキ マモウノワレニ イツヤマム カザアナトオク ヨモスガラナル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.107
【初出】 『形成』 1958.2 冬木 (4)


00741
更けてより 月さす窓よ 海ひとつ 越えたるごとき めざめは来ずや
フケテヨリ ツキサスマドヨ ウミヒトツ コエタルゴトキ メザメハコズヤ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.107
【初出】 『形成』 1957.3 冬土 (4)