さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
洗濯機も        押し寄せて       検閲の         みづからに       
校正に         伏せ字とれて      校了に         目測を         
 
 
 

00726
洗濯機も 買ひ替へて夏と なる職場 一人は庭に 売子木の花掃く
センタクキモ カヒカヘテナツト ナルショクバ ヒトリハニワニ エゴノハナハク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.102
【初出】 『短歌』 1958.7 夢うら (7)


00727
押し寄せて 来む仕事あり フェルトの 造花つなぐ一日を 緩衝として
オシヨセテ コムシゴトアリ フェルトノ ゾウカツナグヒトヒヲ カンショウトシテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.102
【初出】 『短歌』 1958.7 夢うら (6)


00728
検閲の すみし帳簿を 括りゐて 区切りつかぬ思ひ いつまでか持つ
ケンエツノ スミシチョウボヲ ククリヰテ クギリツカヌオモヒ イツマデカモツ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.103
【初出】 『形成』 1958.9 夏日 (5) / 『短歌』 逸れ矢 (5)


00729
みづからに 正すいかなる 符牒あらむ 赤きインクを ペンにみたして
ミヅカラニ タダスイカナル フチョウアラム アカキインクヲ ペンニミタシテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.103
【初出】 『短歌』 1958.3 夜陰のおと (10)


00730
校正に 倦みて思へば 石工は 石に潰ゆる 夢なども見む
コウセイニ ウミテオモヘバ セッコウハ イシニツヒユル ユメナドモミム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.103
【初出】 『短歌』 1958.3 夜陰のおと (12)


00731
伏せ字とれて 戻り来し校正刷 見直すと 散らばれるわが 五体あつまる
フセジトレテ モドリコシゲラ ミナオスト チラバレルワガ ゴタイアツマル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.104
【初出】 『短歌』 1958.7 夢うら (8)


00732
校了に ゆるぶ心か 硝子戸の 外は昏れゐて わが影うつる
コウリョウニ ユルブココロカ ガラスドノ ソトハクレヰテ ワガカゲウツル

『不文の掟』(四季書房 1960) p.104
【初出】 『形成』 1958.9 夏日 (6)


00733
目測を 誤ることも たのしくて 霧ふかき夜の ネオンを仰ぐ
モクソクヲ アヤマルコトモ タノシクテ キリフカキヨノ ネオンヲアオグ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.104
【初出】 『形成』 1958.11 秋意 (5)