さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

不文の掟

 
陸橋の         単作地帯の       描きさしの       どのやうな       
エゴイストの      野の果てに       遺されし        幾たびか        
 
 
 

00675
陸橋の 風にあふられ 歩み出づ 理由なき死と いふ語聴き来て
リッキョウノ カゼニアフラレ アユミイヅ リユウナキシト イフゴキキキテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.82
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (1)


00676
単作地帯の オルグに赴く とも知らず 夜の駅に送りき 幾年前ぞ
タンサクチタイノ オルグニオモムク トモシラズ ヨノエキニオクリキ イクトセマエゾ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.82
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (4)


00677
描きさしの 自画像裂きて ある見れば やすらかなりし 死と思ひ得ず
カキサシノ ジガゾウサキテ アルミレバ ヤスラカナリシ シトオモヒエズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.83
【初出】 『短歌』 1958.9 逸れ矢 (4)


00678
どのやうな 解釈も人に 拒み得ず ただしづかなる 死顔にして
ドノヤウナ カイシャクモヒトニ コバミエズ タダシヅカナル シニガオニシテ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.83
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (6)


00679
エゴイストの 死ぞと互に 蔑しつつ 悲しみを遣らふ 言葉とならず
エゴイストノ シゾトカタミニ ナミシツツ カナシミヲヤラフ コトバトナラズ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.83
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (5)


00680
野の果てに 風を招びつつ 立つ一樹 コートに喪服 つつみて歩む
ノノハテニ カゼヲヨビツツ タツヒトキ コートニモフク ツツミテアユム

『不文の掟』(四季書房 1960) p.84
【初出】 『形成』 1958.6 灯かげ (4)


00681
遺されし 埴輪まもりて 一日ゐき 砂に足あと 埋めつつゆく
ノコサレシ ハニワマモリテ ヒトヒヰキ スナニアシアト ウズメツツユク

『不文の掟』(四季書房 1960) p.84
【初出】 『短歌研究』 1958.1 夕占 (3)


00682
幾たびか 草の穂絮の よぎる空 季ぞ移ろふ 人亡きあとに
イクタビカ クサノホワタノ ヨギルソラ トキゾウツロフ ヒトナキアトニ

『不文の掟』(四季書房 1960) p.84
【初出】 『形成』 1958.1 秋郊 (20)